ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

リハビリトレラン~4年前に恐怖の経験をした道へ勇気を出して!

半鯖完走から1週間が経とうとしていますが、
なかなか疲労が回復しないです。

無理をしたのか・・・
歳のせいなのか・・・

明日はランニングクラブの練習会がありますが、
今日は軽くトレランしたい気分だったので近場の低山へ。

4年前に下りで半泣き状態でヒヤヒヤしながら滑り下りた道を
今日は勇気を出して逆に登ってみました。

地図には二度と言っちゃダメ、キケン、
と書いていた道です。

下りは怖くても登りはそうじゃない道ってあるかな~と思って。


ガベノ城


という変わった名前の場所を目指して登っていきました。


ここが登山口。階段を上がっていきます。

170527_ガベノ城01


こういう道は滑って怖い。
4年前に下ったときはズルズル滑って肝を冷やしました~。

170527_ガベノ城02


ガベノ城に到着!

170527_ガベノ城03


???

城なんてどこにもないんですけどww


ガベノ城からの眺めです。
大きなはずの甲山が小さく見えます。

170527_ガベノ城04


いい眺めです♪

170527_ガベノ城05


ガベノ城まで狭く慣れていない道で、
誰にも会わないので少しヒヤリとはしましたが、
それでもゆっくり登って行けば怖くなかったです。

下りはキケンですけどね~


ガベノ城から先はこんな快走ルートです♪
やっぱり安心して走れるこういう道がヒヤヒヤしなくていいですね~。

170527_ガベノ城06


爽やかな風を受けて楽しく走れました♪

半鯖も今日くらいの気温だったらもう少しラクだったのにな~。

登山口までの舗装路の登りは脚が鉛のように重たく、
全然動かなかったですね~。

こんな状態で明日はランニングクラブの練習会ですが、
それなりのペースで走れるでしょうか???

走れなければ半鯖、本鯖を走った人がいないか聞いて
会話を楽しむことにしましょうか。

そうそう、今日はトレランシューズで走ったのですが、
前後にロードも走ったので、その感触を確かめました。

半鯖は迷ってランニングシューズで走ることにしましたが正解でした。

ロードはトレランシューズでは重たくて硬くて走りにくいから。
半鯖はトレイル率は感覚では4割程度ですから。
後半はずっと舗装路ということを考えると、
万が一、再度参戦するにしてもランニングシューズ以外考えられないです。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

鯖街道ウルトラマラソンレポート(その5:市原エイド~フィニッシュ)

半鯖の完走レポートの続き、33キロの市原エイドからです。

市原エイドでメイタンサイクルチャージ黄を注入。
頭から2度、冷水をぶっかけてもらってスッキリ!

まだあと10キロもあるけど頑張るぞ~~

ここから緩やかな登り坂になります。
消耗しきっていたら走れなかったと思いますが、
まだ脚は動いていて走れます。

歩いているランナーを1人か2人抜く。
半鯖のランナーか本鯖のランナーかわからない。

短い登りを走りきるとまた下り。
最後で河川敷から橋に上るところまで登りはありません。

しばらく誰も見えず一人旅状態が続きましたが、
トレイルの登りの前半で抜かれたランナーの背中が目に入りました。
徐々に差は詰まっている。追い越せるぞ、と思ったらやる気が出てきました。

本番前に思い描いていた理想のプランは、
鞍馬まで力を温存しておいて、そこからゴボウ抜きをしかけることでした。

走れる余力はありましたが、
ガンガン追い越しをかけていくだけの力は残っていませんでした。

36キロの京都産業大学のところに、噂の鴨走エイドがありました。
かき氷をふるまってくれる私設エイドです。

ナイスラン、ナイスラン、ナイスラン♪

前も後ろも誰もいません。
ナイスランコールを一人占めして酔ってしまいそう♪

2人がかりでシャワーをかけてくれました。
水圧、水量はあまり・・・でしたが、心遣いがうれしかったです!

かき氷やスポーツドリンクも勧めてくれましたが、
止まらず前に進みたい気分だったのでお礼だけ言って走り去りました。

鴨川の河川敷に下りる。

すれ違う人が「がんばって~」と声をかけてくれる。

ありがとう!!!

声援に応える声はまだ元気だ。脚はもうパワーを失ってしまったが・・・

河川敷に下りてすぐ、最終エイドの西賀茂エイドに到着。
なぜかここだけ横ではなく正面を向いて給水テーブルが置かれている。

大歓声で迎えてくれる。

きれいな女性の方だったので、長い間立ち止まって話し込んでしまうww

3杯スポーツドリンクをいただいて、
ミニトマトを勧められたので1つだけいただく。

美味しい♪

リコピンパワーでフィニッシュまで走りきってやるぞ~~

胃腸がデリケートなのであまり食べ物は摂らないほうがいいのですが、
東京マラソンのスタート前にトマトを食べたこともあるので
気にしすぎなくても大丈夫なはず。

またここでも冷水を頭から2度かけてもらう。

たくさんお水をかけてもらってありがとうございました!

この日は30度を超える暑さだったので、
前のランナーも後ろのランナーもたくさん水をかけてもらったことでしょう。
水を汲んで運んでたくさんかけてくれたスタッフの方に感謝です。

エイドを去っていくときも大声援で送り出してくれる。
こういうのが人気の秘密なんだろうな~。
エントリー開始からわずか9分で締めきっちゃったそうですから。

ラスト5キロが長い長い。

しかも大嫌いな河川敷。
景色が変わらず、どれくらい近づいているのかまったく感じられないので、
フィニッシュが地平線のように遠く感じる。

一人旅は続く。

走っているランナーの姿は全く見えない。

歩いてしまったランナーを2人だけ抜く。
こちらも本鯖のランナーでしょうか。

ガーミンが40キロを示す。
まだ3キロもある・・・

体温が上がって、脚が鉛のように重たくなって、歩きたくなるが、
最後の最後の力を振り絞って辛抱して走り続ける。

対岸にフィニッシュの黄色のアーチが見える。
でもあそこじゃないはずだぞ・・・

違う大会なのか・・・

ぬか喜びさせないでくれ~

でもここからは近かった。

あともうちょっとです!がんばって~!

よし!!!

河川敷から橋に上がるところでオーバーランしそうになる。
意識がどこかに行ってしまっていたのか、
スタッフの人の案内がわかりにくかったのか、
どちらかわかりませんが・・・

ブレーキをかけてV字に曲がって少し登って橋を渡る。

朝、受付に行くときに出町柳駅から渡った橋だ!

橋を渡って対岸に下りる。

なぜかスタッフの人に止められる。

ここで終わりですか?

あと200m!

?????

じゃあなんで止めたんだよ~


ゼッケン番号をチェックしていたようです。
なぜここでゼッケン番号をチェックして止める必要があるの???

ナイスラン~おかえり~お疲れさま~

すでにフィニッシュした元気なランナーや、
応援の人、スタッフの人たちが拍手、歓声で迎えてくれる。

フィニッシュまでの数100mが遠いが花道のようで気持ちがいい♪

「ゼッケン番号○○番のばんぶーさん、間もなくフィニッシュです!」

とマイクでコールされる。

どちらかというとこういうのは照れくさい。

まさかこのコールのために200m手前でゼッケン番号をチェックしていたの?

優勝でもないのに、フィニッシュでテープを持って待ってくれている。

テープをきってゴール!!!


第1目標が4時間10分切り
第2目標が4時間30分切り
第3目標が完走
第4目標が鞍馬まで走る

でした。


なんとなんと、まさかのサブ4で第1目標達成です!!!

フルマラソンのタイム+1時間~1時間半が目安、
と過去に走った方の体験記で見ました。

・暑さに弱いのに30度以上の猛暑
・初参加で試走もしていないのでペース配分がよくわからない
・5月にレースに出るのは初めて(駅伝やトラックなどの短い距離は除く)
・ゴールデンウィークの六甲全山縦走、京北トレイルのトレランの長引く疲労感

などを考えるとフルマラソン+1時間で走りきれたことは奇跡です。


手厚いエイドでのおもてなし、スタッフの方のコース整備、誘導、
エイドステーションでの拍手、大声援、
そして沿道の方からも熱い熱い声援をいただいたおかげです。

完走できなかったら罰として半鯖をもう一度走ることにしていましたが、
遂行したのでもう出なくてOKですww

すばらしい大会なのでリピートしたくなる気持ちはわかりますが、
この暑さで43キロも走るのはちょっとキケンです。
なので来年はエントリーしない可能性大ですね。

やっぱりマラソンは寒い季節のほうが自分には合っていますね~。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

鯖街道ウルトラマラソンレポート(その4:杉峠エイド~市原エイド)

鯖街道ウルトラマラソンのレポート、杉峠エイドからです。

杉峠エイドが22キロ、半鯖は43キロなので半分が終わったことになります。
2時間15分くらいだったので、2倍すると4時間30分。

ここからはずっと下りと考えると
バテなければ第2目標の4時間30分を切れそう。

メイタンサイクルチャージ黒をスポーツドリンクと一緒に流し込み、
杉峠エイドをすぐにスタートする。

到着したときに拍手喝采で迎えてくれて、
出発するときも「行ってらっしゃい~」「がんばって~」と元気いっぱいの声援で
勇気づけてもらいました。

杉峠エイドまででトレイル区間は終わり、
ここから鞍馬まで長い舗装路の下りが始まります。

かなり急な坂とどこかの情報で見ていました。
下りに弱いのでこの6キロ~7キロの延々続く下りで
たくさんのランナーに抜かれることは織り込み済みです。

覚悟していたので、想像していたほど急には感じませんでした。
こんなに長い長い下りを走り続けるのは初めて。

箱根駅伝の6区のようだ。

でも、車道で車が走るので道の真ん中は通れない。
ヘアピンカーブでも道路の左に寄れと言われるとつらい。

下りが始まりしばらくしてお腹が痛くなる。

あ~あ~、ど~してこうなるの~???
力が入らないのでペースは上がらない。

でも全然後ろから追ってこない。
前を走るランナーの姿もまったく見えない。

完全に一人旅状態。

ロードバイクでヒルクライムをしている人が多く、
「ファイト!」と何人かのヒルクライマーが声をかけてくれる。
ヒルクライムのほうがキツいのに・・・ありがとう!

ところどころでスタッフの人も4、5人で鈴を鳴らして声をかけてくれる。
「ナイスラン!ナイスラン!」

ナイスランて言われると、あまりナイスランではなくても気分がイイ♪

抜きも抜かれもせず、一人旅を続けて長い下りも終盤に差し掛かる。

歩いてしまったランナーを1人抜く。本鯖のランナーでしょうか。
その後、後ろから足音が少しずつ近づいてくる。

一気に抜かれてしまいました~。
颯爽と走ってあっという間に差を広げていくランナーは
後ろから見ているとカッコイイですね~。

鞍馬エイドまであと○キロ、という表示が目に入る。

よし!

最低ラインの目標が鞍馬まで走ることだったから、
最低限はクリアできそうでよかった!

鞍馬エイドの手前で観光客や地元の人が「がんばって!」
と声をかけてくれる。

ありがとう!ありがとう!

やった!鞍馬エイドに着いたぁ!!!

頭に冷水をかけてもらう。
これがキモチイイ♪

一瞬、鞍馬でリタイヤして叡山電鉄に乗って出町柳まで帰ろうかと思いましたが、
誘惑に負けずにさらに走ることにしました。

エイドでパワーをもらったら走らないわけにはいかないじゃないですか!

杉峠エイドと同じく、拍手で迎えてくれ、
出ていくときも拍手&声援ですよ。

心遣いがうれしくてうれしくて涙が出そうになります。
こういうところが人気の理由なのでしょうか。

鞍馬からしばらくは、1月に京都一周トレイルで走った道です。
知った道に出ると少しホッとします。

鞍馬で30キロ、まだここは脚が動いています。
冷却水もぶっかけてもらったので体温も下がったし元気だ。
お腹の痛みも鞍馬エイドを過ぎたあたりで治まった。

市原のエイドまでは快走♪

市原エイドの手前の信号がちょうど赤に変わったタイミングでストップ。
ここで1分ほど待たされる。

元気で前を追う体力がある状態なら信号待ちで止められるとイライラするが、
のんびりした気分で信号が青に変わるまで落ち着いて待つ。

信号待ちで後ろから追いつかれるかと思いましたが、誰も追いついてこない。
前にもランナーは全然いない。
鞍馬エイドから市原エイドまでの3キロも完全に一人旅。

市原のエイドに着いてスポーツドリンクをいただいて、
また冷水を頭にかけてもらう。

まだ後ろに続くランナーもたくさんいるはずなのに、
何度も水を汲んできてくれたのでしょうね。
ほんとにありがたいです。

市原エイドは私設エイドぽい雰囲気でした。
普通の戸建て住宅の前に小さなテーブルがあり、
なぜか紙コップではなくプラスチックの赤いコップでした。
わざわざ洗ってくれていたのでしょうか。エコですね~。

ここでメイタンサイクルチャージ黄を注入。

出町柳まであと10キロ。
まだまだだ~。


市原エイドから先は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

鯖街道ウルトラマラソンレポート(その3:尾越エイド~杉峠エイド)

半鯖の完走レポートの続き、13キロの尾越エイドからです。

尾越エイドからしばらくは緩やかな下りで走りやすい♪
本鯖のランナーを抜いていく。

この辺を走る女性ランナーはかなり速そう。
女性はウルトラマラソンに強いイメージがあります。

トレイルに入り杉峠までの登りが始まります。
前日も雨ではなかったはずなのに、
トレイルが小川と化していて足の踏み場がない。

シューズは濡れてしまいました。

一般の団体ハイカーさんたちが昼食で休んでいらっしゃるところがあり、
たくさんの人にがんばれ、がんばれと声をかけてもらいました。

勾配がキツくなる手前で道が分岐していました。
常設の標識があり、鯖街道の文字に左が小浜、右が京都と書いてました。

一瞬どちらに進んでいいのか迷いました。
紛らわしいところはスタッフの人が案内してくれていましたが、
ここも案内してほしかったですね。
迷ったのはここだけですけど。

前にランナーもいなかったし。

スタッフの人もいない、ウルトラマラソンの順路の表示もないということは、
素直に京都と書かれたほうに行けばよいと判断。

坂道が急になり歩き出す。
しばらく進むと本鯖のランナーが歩いていたので一安心。

エイドの手前で向かってくるスタッフの人が声をかけてくれる。

このコースの最高地点はもうすぐ。
エイドももうすぐ。

琵琶湖が見えるよと教えてくれましたが、
走りながら脇見しているとよくわかりませんでした。

半鯖の3つめのエイド杉峠22キロに到着!
ようやく半分が終わったか~。
2時間15分くらいだったような。

元気いっぱいの声援と拍手で迎えてくれました!

キモチイイ♪

エイドの直前で抜いた人と一緒になりましたが、
スポーツドリンクだけいただいてすぐにスタートしました。

ここから鞍馬にかけて長い長い下りが続きます。


杉峠エイドからは明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

鯖街道ウルトラマラソンレポート(その2:スタート~13キロ尾越エイド)

半鯖の疲労が全然抜けません。
駅の階段、特に下りで太ももが痛くて痛くて。

フルマラソンとほぼ同じ距離でも
標高差があるのでフルマラソンより疲れますね。

では半鯖の完走レポートの続き、スタートからです。

スタートは10時。一斉スタートです。
緩いアスファルトの登りから入るのにみなさんペースが速い。

私はエンジンがかからないし、
最初はアップのつもりだからペースが上がらない。

道が狭くなり、車も通るので道の左側に寄るように指示される。

ハーフやフルマラソンに慣れていると、
道路を横幅いっぱいに自由に使えないのがちょっとしたストレスになる。

スタートして4キロ付近で、
福井県小浜市を6時にスタートした本鯖のランナーと合流する。

すでに35キロほど走っているはずなのに本鯖のランナーはみんな元気だ。

6キロで半鯖は最初のエイド、久多のエイドがあります。
おにぎりがいただけるようですが、これは本鯖用ですよね。

おにぎりと言えば苦い思い出があります。
唯一走ったウルトラマラソンのことです。
チャレンジ富士五湖です。
富士急ハイランドのエイドでおにぎりを食べて腹痛に襲われました。

ウルトラは食べなきゃダメだと聞いていたので素直に食べたのですが、
胃腸が弱いので毒薬を飲んだような反応をしてしまいました。

それ以来マラソン中に固形物なんて摂りません。
ウルトラマラソンにも参加していません。

という苦い経験を思い出してトレイルに入り長い長い登りが始まります。

ガレていて走りにくいですが、
最初は勾配は比較的緩く、道幅も広く追い越しをかけていました。

登りが後半になると道幅が狭くなり、
追い越すには止まって道を譲ってもらわないといけなくなります。

すでに40キロ以上走られている本鯖のランナーは当然歩きます。
後ろから半鯖のランナーの気配を感じたら快く道を譲ってくれます。

登りが長くなり疲れてきて私も歩き始めました。
というか、このつづら折れの登りなんて数珠つなぎ状態でみんな歩くものだと思い込んでいました。

ところが、半鯖のランナーは走ります。

心が折れて早々と歩いてしまったので、
登りの前半で抜いた人のうち3人に追いつかれ、
道を譲って先に行ってもらいました。

登りは強いつもりでいたのにな~

速い人は急なところは歩いても少し緩くなるとすぐに走れるんですよね。
私は一度歩いてしまうと勾配が緩くなってもなかなか走れない。
最大酸素摂取量の差なんだろうか?

まだ先は長いし無理しすぎもよくない、
と考えることにしよう。

長い登りが終わってようやく下り。
緩い下りで気持ちよく飛ばせる♪
追い越せるのは本鯖のランナーだけ。
抜かれはしませんが、前を行く半鯖のランナーとは差を詰めれない。

第二エイドの前のシングルトラック。スピードが出る。
木の根が張り出しているところがありランニングシューズでは怖い。
一瞬右膝の上に痛みが出てヒヤリ。
どうにか大丈夫でしたが。

13キロの第二エイド尾越エイドに到着。
冷やし飴が待っているということでしたが視界に入らず、
スポーツドリンクだけいただいてすぐにスタートします。

つづら折れの登りで抜かれた1人のランナーよりここで先に出ます。

休んでいるうちに逃げる作戦!


さて、このあとどうなる?

明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


5月21日 鯖街道ウルトラマラソン 半鯖
目標 完走

11月26日 大阪マラソン
目標 2時間59分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント