ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2017年11月時点で10度のサブ3。2017年大阪マラソンで初の2時間55分切りを達成!2014年春からはテニスを始めました!テニスは永遠に初級レベル。

イチロー選手引退なの???

今日は衝撃のニュースが飛び込んできました。

イチロー選手が今シーズンは残りの試合には出場せず、
シアトルマリナーズの会長付特別補佐になることが決まったということでした。

なんだかよくわからない。

今年は戦力外だけど、来期は試合に出る可能性は残しているという。

イチロー選手は44歳。
最低でも50歳までは現役を続けると言っていましたが、どうなるのでしょうか?

会見の様子をテレビで見ましたが、
涙もなくすごく落ち着いていましたね。

メジャーリーグに移籍してからは生で観ることはできませんでしたが、
神戸のスタジアムでイチロー選手のプレーはよく観てました。

走攻守すべてが超一流で安打数の記録は作るし、
外野からのレーザービームはすごいし、
44歳の今でも盗塁を決める走力はあるし、
ほんとに偉大な選手ですね。

外野手に怪我人が多く、その穴を埋めるということで、
今シーズンから古巣のマリナーズに移籍して、
怪我人が戻ってきてメジャーの戦力として残ることはできなかったということなんでしょう。

マリナーズに残ってまだ練習は続けるということですが、
引退ではなく、まだまだイチロー選手の活躍が見たいです。

大谷選手との直接対決も見せていただきたい。

誰にでも引退するときは来るものですが、
やっぱり寂しいですね。

日本に戻ってプレーするという選択肢はなくなっちゃったってことですよね。

まだ引退ではないですね。
来年になりますが、まだまだやれるという姿を見せてもらいたいです。

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

プロ野球2018順位予想(パ・リーグ)

ムネリンこと川崎宗則選手のソフトバンク退団、引退報道にショックを受けております。

メジャーリーガーとしてはあまり出場機会に恵まれませんでしたが、
ファンを楽しませてくれる選手でした。

怪我に加え自律神経の不調にも悩まされていたそうです。
ほんとに残念です。

逆に今年からメジャーリーグに移籍した大谷選手の活躍に期待したいですね。
二刀流で成功できるのか、ベイブルースを超えるのか楽しみです♪

ではパ・リーグの順位予想です。

1位 日本ハム
2位 楽天
3位 ソフトバンク
4位 西武
5位 オリックス
6位 ロッテ

1チームずつ見ていきましょう。


■日本ハム
二刀流で大活躍した大谷選手がメジャーに渡りました。
戦力としては大幅ダウンですね~。
でも、ダルビッシュ有投手が抜けた次の年に日本ハムは優勝したはずです。

二刀流というかつてほとんど例がないことに挑戦した大谷選手がいたことで、
他の選手は気を遣ったり、動きにくかったり、ということがあったと思います。
そういう特別な選手が抜けることで逆に一体感が生まれ、
強くなる効果が期待できると思います。

昨年途中で戦列を離れた幻の4割バッター近藤選手の
今シーズンの活躍に期待したいところです。


■楽天
楽天は去年3位。今年も上位に入ってきそうです。

オコエ選手、安楽投手、藤平投手など若手選手が育ってきているので、
今後が楽しみなチームですね。

打線はペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人3選手の超攻撃型打線が
昨年機能して、今年もこの3人は残りますし、
昨年途中で戦列を離れた茂木選手がレギュラーで出続ければ
得点力にも期待できます。


■ソフトバンク
資金力にものを言わせて選手を獲得しているチームで、
個人的にはあまり好きではありません。

でも強いことは認めます。

クローザーのサファテ投手は安定感がありますし、
千賀投手、武田投手、東浜投手など先発投手陣も揃っています。

怪我人が多い、捕手が不足しているというのが気がかりです。
なので今年は3位予想です。


■西武
牧田投手、野上投手という一流の投手が2名も抜けました。
これは戦力ダウンですね~。人的補償で巨人から獲得した高木勇人投手が
どれだけ穴を埋められるか。

打線は魅力がありますよね。

長打力のある、おかわりくん、浅村選手、
昨年頭角を現した山川選手も長打力が魅力です。

昨年の新人王、源田選手の守備も光りますし、
金子選手の機動力も魅力です。


■オリックス
平野投手がメジャーに移籍しましたが、
日本ハムから増井投手を獲得しました。

山岡投手が昨年はルーキーで活躍しました。
好みのタイプの投手で今年も期待しています!

金子投手、西投手がシーズンを通して本来の力を発揮できれば
もっと上位に行けるかもしれません。

打線はなんといってもフルスイングの吉田選手に期待したいですね。
怪我が多いので、怪我なく1年間通して今年は活躍してもらいたいです。

あまりレギュラーで固定して使える野手がいないですね~。
外国人選手頼みになりますかね~。


■ロッテ
昨年で現役を引退した井口監督に今年から変わります。
コーチ経験なく監督1年目。そう多くは期待できないかもしれません。

昨年は2位予想しましたが、見事に最下位でしたww

大不振だった石川投手がどれくらい活躍できるか、
このところパッとしない唐川投手も一皮剥けてほしいところですね。

話題は福浦選手の2000本安打くらいでしょうか。
人気と実力を誇るスター選手が出てきてほしいですね。


明日から開幕!楽しみですね~。
昨年は1試合もプロの試合を観戦に行けなかったので、
今年は何試合か球場で観戦したいと思います。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

プロ野球2018順位予想(セ・リーグ)

プロ野球はあさって開幕ですね~。

冬が終わって春が始まる、この季節あまり好きではないのですが、
プロ野球開幕となるとワクワクしますね~。

でも年々野球に対する興味、関心が薄れているような気がします。
なんでだろう??

地上波放送がほとんどなくなったから?
ランニングやテニスや家事に忙しいから?

ということでオープン戦やキャンプ情報もあまりキャッチアップできてません。

当たらない予想ですが、今日はセ・リーグの順位予想です。
言い訳になるかもしれませんが、開幕前の予想はとても難しい。
開幕後に誰が戦列を離れるかなんてわからないし、
シーズン途中に補強して強くなることもあるから。

でもあえて予想する。

1位 DeNA
2位 広島
3位 巨人
4位 ヤクルト
5位 阪神
6位 中日

1つ1つ見ていきましょう。


■DeNA
実は去年もDeNAを1位予想してました!
1位は広島でしたが、日本シリーズに出たのは3位のDeNA。
CSを勝ち抜いて日本シリーズに出たのはマグレじゃないと思います。

今年は阪神から大和選手をFAで補強しました。
守備の名手で、守りで点が取れるような選手です。

ロペス選手が昨年並みの活躍をして、
期待の若手細川選手がさらに成長するとAクラス常連になりそうです。


■広島
昨年は4位の予想でしたが、1位でした。
ほぼメンバーを固定できていたのが強みですね。

気がかりなのはリリーフ投手陣の安定感のなさでしょうか。
今村、ジャクソン、中崎この3人が安定しないと逆転で負ける試合が増えそうです。

タナ・キク・マルが好調をキープできるか、
揃って不調になったり、ケガで戦列を離れたらその穴を埋める選手が出てくるか、
それにより順位も変わってきますね。


■巨人
高橋由伸監督になってから、ベンチのムードが暗いですね~。
オープン戦は昨年の最下位から今年はなんと1位だったみたいですが、
オープン戦で調子が良かったチームが公式戦でも好調だったというのはあまりありません。
昨年のロッテがそうでした。

マイコラス投手が抜けたのが戦力ダウンですね。
西武からFAで野上投手を獲得しましたが、
マイコラス投手の穴を埋めるのは期待しすぎな気がします。

それでもエースの菅野投手は抜群の安定感を誇りますし、
中日からゲレーロ選手を獲得しましたし、
何年もBクラスが続くようなチームではないでしょう。
ということで3位の予想です。


■ヤクルト
怪我人が多いチームですね~。
まず解決すべきは怪我人を減らすことでしょう。

畠山選手、川端選手などレギュラークラスが
1年を通して試合に出続けないとつらいですね。

メジャーから青木選手が帰ってきましたし、
広島カープを強くしたと言える、
石井琢朗コーチ、河田コーチが今年からヤクルトに加入しました。
すぐには結果は出ないかもしれませんが、
機動力を使った野球で効率良く点が取れるチームになるかもしれません。

問題は投手力ですね。
これは12球団ワーストといってもよさそう。
失点は覚悟で点を取って打ち勝つ野球をするしかないでしょうね。
それには山田哲人選手の2年前のトリプル3のような活躍が欠かせませんね。


■阪神
一昨年のドラフトで大山選手を獲得しました。
その大山選手はドラフト1位の期待に応える昨年の活躍でした。

ショートからサードにコンバートされて、
顔面にデッドボールを受けても試合に出続けた結果を残した鳥谷選手は
大山選手にはじき出されるように今年はサードからセカンドにコンバートされるそうです。

ベテランなんだし、鳥谷選手のセカンドはどうなんだろう?
それによって出場機会の減りそうな上本選手のモチベーション低下も気になります。

キャッチャーも梅野選手、坂本選手を併用していて、
どういう根拠で使い分けているのかよくわからない。

大和選手の抜けた穴は大きいと思います。
内野でも外野でも超一流の守備力を誇ってましたし、
昨年からスイッチヒッターに転向して結果も残したというのに。
もっと大切に使ってあげてほしかった選手ですね~。

ベンチがアホやから、下位予想になってしまいますww

藤浪投手が復活すればAクラス入りもなくはないでしょうけど。


■中日
ソフトバンクをクビになった松坂投手を獲得して話題になりました。
ソフトバンクで全く仕事ができなかったのに、これだけ騒がれるなんて、
やはり平成の怪物は偉大だったということでしょうか。

松坂投手が話題になるようではこのチームの未来はあまり明るくないような気がします。

日本ハムから大野選手を獲得しましたが、
それほど大きな影響はないような気がします。

若手の小笠原投手が大活躍し、
毎年期待されながら期待を裏切っている高橋周平選手が覚醒するようなら、
浮上もあるかもしれませんけど。


以上、セ・リーグの順位予想でした。
ひっくり返したら正解だった、なんてことになるかもしれませんww

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

広島カープ優勝!順位予想は当たったのか・・・

広島カープが甲子園で優勝を決めました。
残念ながら本拠地のマツダスタジアムで決められませんでしたが・・・

鈴木誠也選手が怪我で戦列を離れてから、
少し足踏みするのかと思いましたが、
勢いは止まりませんでしたね。

まだクライマックスシリーズ出場争いは続きますが、
ほぼ順位は確定したようなものですね。

さて、毎年プロ野球の順位予想をしていますが、
当たったのか・・・

開幕前の順位予想はこれでした。

■セリーグ
1位 DeNA
2位 ヤクルト
3位 阪神
4位 広島
5位 中日
6位 巨人

カープの予想は4位でした。

タナ・キク・マルを脅かすような選手が出てきていない、
というのを理由に順位を落とすのでは、という予想をしていました。

この3人が1番から3番まで固定で今年も使えて、
期待通りの活躍をしたことが大きいですね。

安部選手、西川選手も試合を決めるようなイイ働きをしましたね。

ヤクルトは2位予想でしたが・・・
結果はぶっちぎりの最下位www

故障者続出ですからね~。
開幕前に故障者がどれだけ出るかなんて予想できませんし、
ベストメンバーで戦えることなんてそうないですから、
3月末から10月まで半年にわたる戦いの順位予想をするというのは難しいことです。

外しまくっている解説者も責められません。

パリーグは・・・

1位 日本ハム
2位 千葉ロッテ
3位 ソフトバンク
4位 西武
5位 オリックス
6位 楽天

日本ハムがここまで落ちるとは思いませんでしたね~。
大谷選手が故障で投手として登板できないなんてことも
開幕前には考えていませんでしたから。

今シーズンは大谷選手をまだ観ていない・・・
プロ野球は1試合も観に行けてないし・・・
来シーズンにはメジャーに旅立ってしまいそうですね~。

千葉ロッテもぶっちぎりの最下位なのに2位予想www

1位2位に予想したチームが5位6位なんて・・・
千葉ロッテは石川投手が誤算でした。

今年はプロ野球開幕前にWBCがあり、
WBCに出場した選手は不振の選手が多かったですね。

特に投手はWBC用の滑りやすいボールに慣らすのも大変でしたし、
そこからまた元のボールに戻すのも、
ちょっとした指先の感覚がずれてしまって難しかったのでしょうか。

広島もソフトバンクも現時点で10ゲーム以上2位と差をつけての
ぶっちぎりの優勝なので、日本シリーズも1位どうしの戦いでしょうね。

カープはDeNAとの対戦成績があまり良くないので、
巨人に3位に入ってもらいたいところですね。

DeNAなら番狂わせがあるかも。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

夏の高校野球が終わった

今日は高校野球の決勝戦でしたね。

埼玉の花咲徳栄と広島の広陵の試合でした。
仕事中で観戦できませんでした~。

広陵の中村選手は6本のホームランを打ち、
清原の記録を抜りかえましたね。

プロ野球でも人手不足のキャッチャーでプロ志望ということですから、
ドラフトで何球団が競合するか楽しみですね。
地元の広島カープに入ってくれたらいいですけどww

さて、準々決勝からのスコアです。

■準々決勝
東海大菅生 9 - 1三本松
明豊 9 - 13 天理
仙台育英 4 - 10広陵
盛岡大付1 - 10花咲徳栄

■準決勝
天理 9 - 12広陵
東海大菅生6 - 9花咲徳栄

■決勝
広陵4 - 14花咲徳栄

勝ったチームは9点以上取っています。
ちょっと点が入りすぎですね~。

準々決勝が一番おもしろい、なんてよく言いますけど、
大きく点差が開いた試合がほとんど。

日曜日でしたし、甲子園まで観に行こうか迷いましたが、
大量点が入りそうな予感がしたのでやめましたが、
正解でした。

打高投低

ですね・・・

ピッチャーをやりたがる選手が減って
ますますこの傾向が強くなったら困りますね~。

仙台育英が大阪桐蔭を2-1で破った試合が私には一番おもしろかったです。

仙台育英の最後の打者がショートゴロでゲームセットかと思われましたが、
大阪桐蔭のファーストがベースを踏んでいないというまさかのプレーがあり、
次の打者が逆転タイムリーを打ちました。

仙台育英の打者が一塁へ駆け抜けたときに
ファーストの足を蹴ったという疑惑が出て、その選手は次の試合には出ませんでした。

わざとやったとは思いたくないプレーですが、
映像を観る限りではそう疑われても仕方のない危険なプレーでした。

勝ち上がった仙台育英でしたが、
次の試合はエースピッチャーを温存して、控え投手が先発したら
早い回に打たれてノックアウトされてしまいました。

エース級のピッチャーが2人、3人必要なんですね。

来年は100回の記念大会です。
点のあまり入らない投手戦を観たいです。

打者の技術、パワーが向上しているので、
この傾向はしばらく続くのでしょうか・・・

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■静岡マラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
自己ベスト更新

■難コースでサブ3

■マラソン大会で入賞

■東京マラソン当選

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


3月4日 静岡マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント