ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

姫路城マラソンの評価

姫路城マラソンは今年初めて参加しましたが、
めちゃくちゃいい大会でした。

私にとって、東の横綱は東京マラソン、西の横綱は奈良マラソン、でしたが、
姫路城マラソンはわずかながら奈良マラソンより評価は上です。

奈良マラソンは横綱陥落・・・ということは引退???

奈良は奈良でいい大会で姫路城と双璧ですけど、
わずかに劣るポイントがあります。

答えは最後に書きましょう。

では、主観的ではありますが、姫路城マラソンの評価です。


〇フルマラソンの参加者数は7000人で、規模が大きすぎなくて良い
〇参加賞Tシャツのデザインがいい、いつでもどこでも着れるデザイン
〇スタートもフィニッシュも世界遺産の姫路城
〇スタート地点のトイレの数は足りている
〇男子更衣室はスペースの広い地下駐車場でブルーシートを敷いてくれている
 寒さを凌げて、スタートブロックにも近い
〇好記録の狙える高速コース
〇地元の方の熱い応援のおかげで気持ちよく走れる
〇姫路の街全体でマラソンランナーを歓迎してくれている
〇男子は3時間30分以内、女子は4時間以内の記録でアスリート枠でエントリーできる
 (先着順ではなく、先行抽選)
〇イベントスペースではたくさんの姫路の名産品が味わえる
〇完走証は即日発効され、5キロごとのラップタイムが記載されている
〇完走メダルは瓦職人さんが手作りした鯱
×受付は前日のみ、当日受付なし
×東京マラソンと同じ日、同じ時間なので、
 東京マラソンのテレビ中継をライブで観ることができない
×フィニッシュ地点から荷物預かり所までが遠い
×ブロックはA、B、Cの3つなので、並ぶのが遅れるとスタートロスが長くなるかも
×フィニッシャータオルにイオンのロゴがあり安っぽく感じる
 (オフィシャルスポンサーなので仕方ないが)


ラッキーで自己ベストが出たから甘くなったわけではありません。
RUNNETの評価でもかなりの高評価だったので楽しみにしていましたが、
嘘偽りのない正当な評価でした。

自宅から姫路まで中途半端に遠く、前日受付、当日と2往復するのは
時間もお金ももったいなく感じますが、
それでも素晴らしい大会なのでまたリピートしたくなります。

2月のマラソン大会は候補が5つあり、
エントリーしたときは第5希望でした。

東京マラソンに落選し、
第二希望だった泉州マラソンの抽選結果発表より
姫路城マラソンの入金期限が早かったので、
泉州の発表を待たずに姫路城に入金しました。

ということなので、テンションを上げて姫路に乗り込んだわけではなかったのに、
最高に楽しかったですね~。

奈良マラソンを抜いて姫路城マラソンが西の横綱に昇格です!

奈良マラソンも大好きで評価はかなり高いのですが、
姫路城が上回ったポイントは・・・

・好記録が狙える高速コース
 └ 奈良はアップダウンがキツく、後半の失速は避けられない
・Tシャツは万人受けする無難なデザイン
 └ 奈良は背中一面にデカい金剛力士像とか、製作者の趣味に走りすぎている
・地方名産品がいろいろある(駅そば、姫路おでん、穴子寿司、焼き牡蠣などいろいろ)
 └ 奈良は柿の葉寿司、三輪素麺くらいしかない(と思う)
   奈良と関係のない富士宮焼きそばとかあるし・・・

その他のポイントはほぼ互角です。

沿道の声援もほぼ互角ですが、
奈良は30キロからの一番応援してもらいたいところが田舎道で応援が少ないですけど、
姫路城は30キロからの声援もほとんど途切れないのもポイントが高いです。

来年も姫路城マラソンにはエントリーするでしょう。
第5希望ではなく第2希望で。
第1希望は東京ですね~。なかなか当たらないので。

東京マラソンが落選しても姫路城を走れればテンションは下がりません。
姫路城も外れて、消去法で篠山になってしまった・・・
これが一番テンションが下がりますね~。

別大があるか~。

別大と東京ないし姫路城は3週間。
できれば中3週間では走りたくはないですが、
3週間あれば別大と東京もしくは姫路に出るのはギリギリOKかな~

姫路城はファンランでも楽しいと思いますが、
高速コースなので、やっぱり出るなら自己ベストを狙って走りたいです。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その5:30キロ~フィニッシュ)

姫路城マラソンのレポート続きです。

今日は30キロからフィニッシュまで。

30キロの通過タイムは2時間04分47秒。
サブ3ペースのキロ4分15秒ペースは2時間07分30秒。

3分近い貯金があるとはいえ、
あと12.195キロもあるのに、3分なんてあってないようなものです。

直前の30キロ走で2時間10分さえも切れていないのに、
よくこんなスピードで走れたものです。

30キロを過ぎてガクンと落ちる感じでもない。

まだまだいける!脚は動いている。

サイクリングロードの狭い道が続く。
折り返しまでは順調。速すぎるんじゃないかと思うくらい。

折り返してからは落ちてくるランナーを抜いたり、
30キロを過ぎてペースアップするようなランナーにあっさり抜かれたり、
まあそんなことは気にせず自分の走りに集中していました。

少し気温が上がってきましたが、
神戸マラソンのときの気温20度と比べると全然低いので大丈夫。
給水ポイントで水をかぶって体温を下げるようにしました。


■35キロ
2時間25分32秒(5キロ:20分45秒) 177位

よしよし!!
30~35キロで落ちなかった!

まったく自覚はなかったのですが、
30キロ地点から18人も抜いています。

しかし・・・

1キロ4分10秒前後で刻んでいたのが、
35キロから36キロの1キロで4分18秒。

まったく失速した感覚はなかったのですが・・・

お尻のポケットに突っ込んでいたメイタンサイクルチャージゴールドに手を伸ばす。

36.6キロの給水ポイントでメイタンゴールドを摂る。
レッド、ブラックは摂ったことはありましたが、
カフェイン200プラスの一番強いゴールドは初めて。

これは口に含んだ瞬間効いた感じ。

リミッターを殺してくれ~!!

37キロからは4分12秒、4分12秒、4分11秒と少しペースを取り戻す。


■40キロ
2時間46分47秒(5キロ:21分15秒) 163位

キロ4分15秒ペースまで落ちてしまいましたが、
メイタン効果で最小限の落ち込みにとどめました。

35キロから順位を14上げました。まったく自覚はなかったが・・・

まだ脚は動いている。
全盛期のスピードが戻ってきた感じで、
抜いたり抜かれたりするランナーを見ていると、
こんな人たちと同じところで走れることに幸せを感じました。

みんな速いし大崩れしないし、
ここにきてキロ4分くらいまでペースアップしている人もいるし。

ラスト2.195キロ。
超悲観的に見積もって11分。2時間57分前後でフィニッシュできそうだ!

40キロ地点でサブ3は確信!

もうこれで今シーズン最後だ。出し尽くせ!!!

シーズンベスト、セカンドベストも狙える。

自分ではスピードを上げている感覚ですが、
疾風のように追い抜いていくランナーが2人か3人いました。
すごいな~。ここでペースアップできるなんて。

フィニッシュ地点近くに親が応援に来てくれているはずで、
41キロあたりから意識し始めました。

でも初めて走るコースで、
ピンポイントで応援の場所を指定してくれないとわかりません。

歩道寄りを走っていて声をかけてくれたそうですが、
まったく聞こえていません。

いわゆる、ゾーンに入っていたのでしょう。

こちらは気づかなくても、親には気づいてもらえてよかった!
この日はカッコよく走れているだろう♪みてみて!!
と思って走っていましたから。

桜門橋を渡って大手門をくぐると姫路城の天守閣が見えてくる。

いや、まったく見えていませんww
まったく意識に入ってこない。

余裕がないとか意識朦朧としているとか、そういう感じではなく、
1点に集中しすぎて目の前しか見えていない感じでした。

42キロを過ぎて三の丸広場へ。

土なので足裏の感覚がおかしくなる。
わざわざフィニッシュを姫路城の真ん前にしなくても・・・

駅前から大手前通りを通ってスタート地点のところでゴールして
姫路城が目の前に飛び込んでくれば個人的にはうれしいのですが・・・

タイムなんて気にしちゃいない。
セカンドベストがどうとかもまったく意識していない。
このスピードで大きく失速せず走れたことに酔っている。

グルッと回って最後の直線。

残り50mほどでタイムが目に入ってきた。

2時間55分50秒、51秒、52秒・・・

やったぞ!!!

まさかまさかのサブ3、まさかまさかまさかまさかのセカンドベスト!

グロスで2時間56分を切るのは無理か・・・
でも全力を振り絞って駆け抜けよう!

ガッツポーズ!!!

うれしくてうれしくて何度ガッツポーズしたことか。

ガーミンをストップすることも忘れてしまいました~ww

フィニッシャータオルをかけてもらい、完走メダルをいただき、
ゆっくり姫路城の天守閣を見上げて・・・

オニオンスープ、甘酒、チーカマドッグをいただけます。

チーカマドッグはパサパサしていて喉を通りませんでした~。
申し訳ないですが半分ほど残してしまいました。

動物園の中を通って荷物を預けた地下の駐車場までが少し距離があります。

ボランティアの方が「おめでとう!お疲れさま!」と祝福してくれる。

「ありがとう!お疲れさまです!」

完走証は即発行してくれる。

ネット:2時間55分53秒
グロス:2時間55分59秒


グロスで2時間56分切り!
ネットで自己ベスト1秒更新のおまけつきww
ラスト2.195キロは9分12秒。

2.195キロで7人抜き。
ゴボウ抜きした意識はまったくなかったのですが、30キロから39人抜いていました。

現実的な目標ラインは3時間5分~10分といったところでしたので、
はっきり言ってできすぎです!奇跡です!!

姫路の人たちの温かい声援が押してくれたと思います。
たった1秒の自己ベスト更新も、姫路の人たちが与えてくれたギフトでしょう。
実力以上のものを引き出していただけました。

地下を下りて荷物預かり場まで歩いていくときには、
ボランティアの方がみなさん拍手で迎えてくれました。

気分はサイコー♪♪♪

大会関係者のみなさま、ボランティアのみなさま、
応援してくださった姫路のみなさま、
ブログを読んでくれたみなさま、
どうもありがとうございました。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その4:中間地点~30キロ)

姫路城マラソンのレポートの続き、中間地点からです。

中間地点通過は1時間27分27秒。
単純に2倍すると、サブ3達成後に目標にしてきた2時間55分をギリギリ切れるが、
狙っていけるような準備ができていたわけではなく、そんな欲は出さない。

1時間32分あれば、もしかしたらサブ3いけるかも・・・
という期待をちょっぴり持って走る。

中間地点からも緩やかな下りは続くが、
1キロごとのタイムをガーミンでチェックするとそれほど変わらないのに、
後ろからどんどん抜かれてしまう。

下りだから自然にペースアップしないといけないのに、
折り返しまでの登りより若干ペースダウンしているから抜かれるのは仕方ないのか。


■25キロ
1時間43分58秒(5キロ:20分54秒) 203位。

20キロ地点から7人抜かれましたが、
1キロ4分10秒程度で行っているのでOKだ!

26キロ付近で前の集団から離されていくのがわかる。
ここで補給2回目。メイタンサイクルチャージ黒を注入。

25キロで摂る予定にしていたが給水ポイントがなく、
次の給水ポイント27.5キロまで待つと遅い気がして無理やり飲み込む。

メイタンは即効性があるのになかなか効かない。
もうこれまでか~。

25キロで落ちていたら1年前の別大とまったく同じじゃないかー。
30キロで息切れして、フィニッシュまで死ぬ思いをするのだろうか・・・

ところが・・・

橋を渡って夢前川の反対側に出ると突然スイッチが入る。
沿道に応援の人が増えてきたから。

サブ3を狙えるランナーたちなのでそう簡単には追いつき追い越せない。
それでも橋を渡る手前は前と離され続けていたのに、離されなくなってきた。

元気いっぱいの声援に押されて走るのがキモチイイ♪
これがあるからマラソンレースはやめられないし、
少しでも速く走れた方が気持ちよさはアップするので、
普段練習しているようなものです。

なんて幸せなんだ~♪
姫路の温かい人たち、どうもありがとう!!!

2月に参加するレースを選んだときに、
姫路城マラソンの希望順は何番だったかというと・・・

1.東京マラソン
2.泉州マラソン
3.北九州マラソン
4.別府大分毎日マラソン
5.姫路城マラソン

なんとなんと5つ候補を出したうちの最下位でした~。

別大は2年連続はもったいないと思い参加を見送りました。
東京は姫路城と同時に抽選結果が発表され落選。
泉州と北九州は姫路城の入金期限より抽選結果発表が後だったので悩みましたが、
どちらも外れて、消去法的に篠山に行くのはいやだったので
安全策をとって姫路城マラソンに出ることを決断したのでした。

北九州は落選しましたが、泉州は当選したのでちょっぴり残念でしたが・・・

姫路を走ってみて申し訳ない気持ちになりましたね~。

もう姫路LOVEです

橋を曲がるコーナーで膨れて歩道寄りを走ったので、
たくさんの子どもたちとハイタッチさせていただきました!
給水を取るときに少し手袋が濡れて申し訳なかったけど。

メイタンブラックも1キロほど走ると効いてきた。
応援、ハイタッチで力が湧いてきた。

サイクリングロードに入り道幅が狭くなる。
3メートルほどしかないでしょうか。

2人は問題なくても3人は並んで走れないような幅です。

30キロ近くなればバラけているので走りにくいことはありません。
道幅が狭いのでスピードがアップしたように錯覚します。

花道のようで気持ち良すぎる~~~♪


■30キロ
2時間04分47秒(5キロ:20分49秒) 195位

キロ4分10秒ペースをキープ!
サブ3ペースは2時間07分30秒なので貯金がある!

3週前まで4週連続で30キロをやりましたが、
そのときの最速タイムは2時間12分10秒だったので、
こんなに速く走れているのが信じられない。

不調の原因は貧血で、
鉄剤を2週間飲み、レバーを食べてベストコンディションになったのでしょうか。

順位も少し上げて再び200位以内に入ってきた。

30キロから大崩れするような感じでもない。
気分よく楽しみながら走れている。

このままフィニッシュまで行ければいいが・・・


30キロ以降は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その3:10キロ~中間地点)

姫路城マラソンのレポート続きです。

10キロを41分12秒で通過。サブ3ペースは42分30秒なので予想以上に速い。
10キロまではアップのつもりで走っているので無理はしていない。

特に意識してペースを上げ下げせずこの流れで行こう。

少し離れた夢前川の対岸からも大きな声援を受ける。
こんなに熱心に応援してくれるなんて・・・うれしすぎて涙が出そう。

登りは続きますが、それほど急なところはない。
ところどころ少し登っているなと感じる程度。


■15キロ
1時間02分05秒(5キロ:20分53秒) 192位

5キロごとのタイムは20分32秒、20分33秒ときたので、少しペースダウン。
4分15秒、4分06秒、4分06秒、4分10秒、4分16秒と
登りもなんとかサブ3ペースはキープしています。

折り返しの手前16キロあたりでフラットになり、少し抜かれ始める。

のどかで人口密度の低そうな田舎に入ってきたのに、
折り返しのポイントにもたくさんの人が応援に出てくれていました。

ここでズルズルいかないように気合を入れなおす。

折り返してすぐ、メダリストグレープフルーツ味を注入。

今回試験的に初めてメダリストを摂ってみました。
パワージェルやピットインリキッド、マグオンなど濃厚なジェルを飲むと咳き込み、
走りのリズムも崩れるのでゼリー状のメダリストを試しました。

ウィダーインゼリーのような感じで飲みやすい。
あまり効いている感覚はないが、ストレスなく飲めるのはありがたい。

少し進むと先頭から順位を数えている人がいました。
195番と言われたような・・・

参加者7000人、男子が6000人として、上から3%あたりか・・・

塩田温泉を過ぎ、下りが始まる。
まだまだ余裕、ペースを上げて行けそう!

と思ったものの、ペースは上がらず20キロ手前辺りで
一気に10人ほどの集団に抜かれてしまう。

????????????

そんなにペースが落ちた感覚はないのにどうして???

下りで抜かれるのはいつものことなので気にしない、気にしない。

調子が良ければ、
「どうぞ抜きなさい。最後に丸呑みしてやるから待ってろ!」という気分で走れますが、
抜いていったランナーとは永遠の別れのような気がする・・・
さ・よ・う・な・ら~


■20キロ
1時間23分04秒(5キロ:20分59秒) 196位

あらま~。下りなのにペースが落ちている。
順位も15キロから4つ落としています。

ガーミンの計測は4分15秒、4分06秒、4分06秒、4分11秒、4分16秒。
足すと20分54秒、完走証のタイム20分59秒と5秒の差がある。
折り返しがあったので無駄に距離を走ってしまったのか。

少し向かい風だったような気がします。
サブ3ペースはキープしているから、これでいいのだ!


■中間地点
1時間27分27秒

中間地点のタイムは神戸マラソンの1時間27分20秒とほぼ同じ。
加古川マラソンの1時間26分19秒より1分オーバー。


調子が悪く、直前の練習内容からするとサブ3なんて到底狙えないところですが、
中間地点まではこれまでと同じペースで持ちこたえることができました。
はっきり言ってうれしい誤算です~♪

後半を1時間32分でいければサブスリーか~。

可能性はゼロじゃないが、練習でこんなスピードは出せていないので
ややオーバーペースかもしれない。

欲を出さず、余計なことを考えず気楽に行こう!


後半は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その2:スタート~10キロ)

サンテレビでテレビ中継があったので録画していたのですが、
残念ながらフィニッシュシーンは映っていませんでした~。
女子の2位が2時間53分でフィニッシュして、
その後すぐ女子の優勝インタビューが始まり、終わるとCMに・・・

その後サブ3ランナーは映らずでした・・・

いい顔してバッチリガッツポーズを決めていたので、
映像を観たかったんだけどな~ww
腰が落ちてたら映って、腰高で走っていたら映らない、人生そういうものですww

さて、気を取り直してスタートからのレポートです。

9時にスタートしてロスタイムは7秒。
参加者は7000人なので2万人規模の神戸マラソンなどと比べると
ストレスなく走り出せます。

姫路城をバックに道幅の広い大手前通りを姫路駅の方向に向かって走っていく。
駅の手前の白銀交差点を右折。

1キロの距離表示より少し手前まで走ったところで
レースで初めて使用するガーミンがバイブと音でタイムを知らせてくれる。

1キロ:4分02秒

苦しくないのにこんなスピードで飛ばせるなんてどういうことなんだ???

4日前の練習で6キロペース走でゼーゼー言ってキロ4分23秒だいうのに。
みんなと一緒に走っていれば楽に走れるということなのか、
風はないと感じていたが実は追い風だったのか、
それともレースの緊張感、興奮のせいなのか。

無理はしていないので気持ち抑えめにしてこの流れに乗っていこう。

沿道は噂どおり応援の人がいっぱい。
10キロやハーフのレースはほとんど走らず、
フルマラソンばかり年に何度も走っている人の気持ちがよくわかります。

やっぱりフルマラソンは街をあげたお祭りのようで、
応援の人も多く気持ちがいいですからね~。

たくさんの人に応援してもらいながら走れるなんてもうそれだけで幸せ♪

今回は体調管理の失敗、練習の質の低下により、
タイムは期待できないので、とことん楽しもう!!


■5キロ
20分39秒

スタートロスの7秒を引くと20分32秒。

2時間55分切りペースで突っ込んでしまいました~。
これでも最初の5キロはウォーミングアップのつもりで走っています。

5キロから15キロ過ぎまでは10キロかけて80mの登りになりますが、
緩やかなのでほとんど登っているようには感じない。

夢前川沿いの道に出る。
左側に緑のウェアを着たボランティアの方が等間隔で立っている。
人が飛び出してくるわけでもなく、声援を送ってくれるわけでもなく、
この人たちの役割が何なのか妙に気になってしまいました。

ランナーが川に落ちないように、
障害になってガードレールぎりぎりを走らないようにしていたのでしょうか。

書写山らしき山が見える。

たんたんと走り続けて10キロ通過。


■10キロ
41分12秒(5キロ:20分33秒)

登りなのに登りとは感じない程度の傾斜なのでペースは落ちない。

5キロ地点の順位が193位。
10キロ地点が192位。

順位の上げ下げがほとんどなかったので、
無駄なくいいペースで走れていたのでしょう。

練習よりかなりペースが速いのでどこかで落ちることは覚悟しました。
でも無理にペースを上げている感覚ではないので、
ペースは意識的に上げ下げせず、このまま進むことにしました。


10キロから先は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


2月11日 法隆寺マラソン ハーフ
目標 1:23:59

2月26日 姫路城マラソン フル
目標 2:54:59

5月21日 鯖街道ウルトラマラソン 半鯖
目標 完走


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント