ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

フィギュアスケート観戦がますます面白くなる本

冬といえばマラソン・・・だけではありません!
フィギュアスケートを忘れてはいけません。

ソチ五輪男子フィギュアスケートでは
羽生結弦選手の金メダルに日本全国が湧きました。

まだ女子シングルはこれからです!
今すぐにでも読んでおきたい本の紹介です。

タイトルは『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術

誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術 (朝日新書)

2006年のトリノ五輪で金メダルを獲った荒川静香さんの著書です。

マラソンは単純で優劣はタイムだけで測られるので、
「その判定おかしいんじゃないか!」なんて言われることもなく
わかりやすいですよね。

逆にフィギュアスケートは採点競技なので
素人には謎のように感じられることがいろいろあります。
「なぜあの選手よりこの選手の方が高い点が出たの?」と。

ジャンプの種類もまったく違いがわかりません。

・ジャンプを失敗しまくっている人の方が
 ミスのない人に比べて点が高くなることがあるのはなぜ?
・パトリック・チャンはなぜ高い点が出る?
・ジャンプにはルッツとかアクセルとかサルコウとかあるけど違いは何?
・下馬評の低い選手が今までにない完璧な演技をしたのに
 有力選手より点が出ないのはなぜ?

こんな疑問に「イナバウワー」の荒川静香さんが素人に易しく答えてくれます。

本の一部を引用しましょう。

採点において、ジャッジに与える印象というものはとても大切です。
例えばずっと下の順位にいた選手が、ある日突然に素晴らしい演技をしたとしても、そのとき1回だけでは、サプライズの結果は出ないのが普通です。
その選手にはできる能力があるということを、ある程度、普段からジャッジに知っておいてもらう必要があるのです。半信半疑のものに対して、ジャッジは決して高い演技構成点を与えてはくれません。
(P49~50)

一発屋ではダメなんですね~。
コツコツ貯金のように積み立てていかないと高い評価はもらえないんですね~。
機械で判定するのではなく人間の目でジャッジするからですかね。
オリンピックなどビッグな大会の前からすでに勝負は始まっているということですね。


ところで、パトリック・チャン選手に、なぜ高い得点が出るのかとよく聞かれるのですが、彼のスケートには高い得点が出る理由がいくつもあるのです。
彼はジャッジ受けする丁寧なスケートをするのですが、それがもっとも顕著に表れているのが、体重の乗っていないほうの足、いわゆるフリーレッグの足さばきでしょう。氷についていないほうの足にも神経が行き届いているのです。膝も伸びて、足がきれいに長く見えます。そして氷に足を置くときも、滑らかで丁寧さを感じるというのが利点です。(P51~52)

素人にはなかなかわからないところですよね。こういう理由でパトリック・チャン選手は
我々が思う以上の得点が出るんですね~。


選手たちに、今履いている靴がぴったり合っているか、と訊いたら、
おそらく90%の選手が、「いえ、ちょっと・・・・・・」と答えるのではないかと思います。「この靴いいから、履いたほうがいいよ」という話は、これまで一度も聞いたことがありません。それほど合う靴を見つけるというのは、大変なことなのです。
面倒なのは、たとえ同じメーカーの同じ形のものを注文しても、手作りなので一足一足が微妙に違うことです。私も3足同じメーカーの同じ型を同時に注文して、届いたときに並べてみたら、履き心地どころか、それぞれ縫い目の入れ方などがまったく違っていたということがありました。(P84~85)

荒川さんもスケート靴の痛みを我慢して使っていたことがあるそうです。
スケート靴なんてスケート場の貸靴しか履いたことがありませんが、
伸縮性がなく幅が狭くて痛かったのを思い出しました。
ランニングシューズ選びも大変ですが、
スケート靴と比べたら伸縮性もあるし大量に作られているので選ぶのはずっと楽ですね。


スケートをあまり知らない方からは、ヨナは3アクセルがないのに、なぜあんな高い点数が出るのか、とよく聞かれます。3アクセルという大きな技を持っているがゆえに、一般的には浅田選手はジャンプ技術が持ち味で、ヨナは表現力で勝負をしていると思われがちですが、私から見るとむしろ逆なのです。
一つ一つのジャンプの質を見て、どちらが加点のつくジャンプを跳んでいるかというと、ヨナはやはりすごく強いジャンパーです。彼女にはルッツやフリップという、難しい種類の3+3コンビネーションという大きな武器があり、着氷率が高いだけではなく、テイクオフにスピードと勢いがあります。(P166)

表現力のキムヨナだと思っていましたし、
演技だけなら浅田選手よりキムヨナの方が私は好みです。
キムヨナのジャンプにあまり派手さは感じませんが、着実に決めますよね。
浅田選手とキムヨナ選手のこれから始まるソチでの対決に目が離せません!


新書価格(¥760+税)で安くて内容も充実していてオススメです!

帯に「ソチを100倍楽しむ方法」と書いてますが、
ソチ五輪の女子シングルはまだこれからなので、
今すぐ読めばますます楽しくなりますよ。

ソチ五輪が終わってもまだまだ今シーズンのフィギュアスケートは続きます。
3月には世界選手権が控えています。

この本を読めばオリンピックが終わったあとでも
これからのフィギュアスケート観戦がますます楽しくなりますよ~。

パトリック・チャン選手の足元に注目して次は観てみよう。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント

面白そうです。
嫁がフィギュアを好きなので早速Amazonで注文しました(^^)v
[2014/02/20 22:31] URL | カメザル #- [ 編集 ]
-------------------------------------------------------
カメザルさん

コメントありがとうございます。

もう少し早く読んでブログで書ければよかったんですけどね。。

母や妻の影響でフィギュアを観ている私にもわかるレベルで役に立った本です。
きっとカメザルさんと奥様にも楽しんでいただける内容かと思います。

真央ちゃんフリーで挽回してほしいですね~。
[2014/02/20 23:55] URL | ばんぶー #- [ 編集 ]
-------------------------------------------------------
自分も演技なら浅田選手よりキムヨナの方が好みと言うか目が離せません
けど、好きではないし真央ちゃんに勝って欲しい…

[2014/02/21 05:59] URL | ちょーみん #5lDNG.oQ [ 編集 ]
-------------------------------------------------------
ちょーみんさん

コメントありがとうございます。

真央ちゃんはショートのミスが響いてメダル獲得はなりませんでしたが、
フリーでジャンプをすべて決めて最後に泣いたときにはもらい泣きしてしまいました。

キムヨナは銀でしたが、金メダルのロシアの選手より良かったような・・・
[2014/02/22 00:33] URL | ばんぶー #- [ 編集 ]
-------------------------------------------------------

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


10月1日 東北・みやぎ復興マラソン
目標 2時間59分59秒

11月26日 大阪マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント