ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

日本シリーズ第2戦~小窪選手起用が的中!

今日から日本シリーズは札幌に移動して第3戦。

引退を表明している黒田投手の最終登板と思われる試合。
1失点でまだまだ投げられる投球数なのに、
アクシデントで5回3分の2で交代してしまいました。

日本シリーズが最終登板なんて・・・
まだまだ現役でやれそうでもったいない気もしますが・・・

試合は3-3の同点で延長に入り、
大谷選手のライト前サヨナラヒットで日ハムが勝ちました。

0-3になってしまったら面白くないので、
1-2になって第4戦以降が楽しみです。

第1戦、第2戦ともにスコアは5-1で後半はあまり面白くなかったので、
今日みたいな試合が観たかったですね~。
それは贅沢な悩みか~。

広島で観戦した第2試合について詳しく書いていなかったので、
忘れないために書いておきます。

この日もレフト側の外野席でセンター寄り。
前から2列目でフェンス越しなので観にくかったです。
3600円も払っているのにこんなところに席を作るな!と文句を言いたいくらい。

先発投手は広島が野村投手、日ハムが増井投手。

この日は最終の新幹線で広島を22時13分に出ないといけなかったので、
投手戦でスピーディーな試合展開を期待していました。

ところが・・・

1回30分、2回30分、この調子でいけば6回、7回までで
席を立たないといけないんじゃないか・・・というノロノロの展開。

2回、1アウトでエルドレッド選手がヒットで出て、
迎えるは第1戦で活躍した安部選手ではなく、小窪選手。

小窪選手は代打の切り札的な存在の右打者です。

左投手なら安部選手ではなく小窪選手で理解できるのですが・・・
どうしてだったんだろう??

フルカウントになり、1アウトでエルドレッド選手を走らせる。
小窪選手の打球は右中間を破るツーベースヒット。

大きな体を揺らして走ったエルドレッド選手は余裕でホームイン。
スタートを切っていなければ3塁で止まっているはずなので、
大きな1点になりました。

緒方監督、神ってるわ~♪

3回は両チーム三者凡退。
この調子でスピードアップしてほしい!

4回、名手菊池選手のまさかまさかまさかのタイムリーエラーで
日本ハムが同点に追いついて1-1。

試合が落ち着いて次の1点をどちらが取るか。

6回裏、広島の攻撃は1番の田中選手から。

レフトへのツーベースでノーアウト2塁。
2番の菊池選手がバントの構えからバスターでレフト前ヒット。

俊足の田中選手は3塁を蹴ってホームへ。
西川選手の好返球でタッチアウト!

のはずが・・・

リプレー検証で試合が止まる。

どっちでもいいから早く試合を進めてほしい!

5分ほど中断したあと、判定は田中選手の手の方が一瞬早くセーフ。
これで2-1。球場の空気が完全に変わりました。

続く3番の丸選手がヒッティングの構えからバントの構えに切りかえ、
初球をピッチャー前にバント。

これを増井投手が一塁に悪送球。
菊池選手が帰って3-1。

ピッチャーが鍵谷投手に変わってワイルドピッチで2塁ランナーが3塁に進む。

続く打者は「神ってる」鈴木誠也選手。
高々と打ち上げたあたりはセンターへ。犠牲フライには充分な飛距離。

これで4-1。

ランナーがなくなり続くエルドレッド選手。
鋭くとらえたあたりはレフトスタンドにあっという間に吸い込まれていきました。
エルドレッド選手は第1戦に続く2試合連続のホームランでした。

これで5-1。

6回まで2安打に抑えていた野村投手は100球を超えたので、
7回からは勝利の方程式で今村投手にスイッチ。3人でピシャリ。
ジャクソン投手も8回を3人で抑える。

8回が終わって21時30分を過ぎる。

ここで席を立って、外野の出口の階段付近に移動。

新幹線は22時13分。マツダスタジアムから広島駅は800m。
コインロッカーに預けた荷物を取って新幹線のホームまで走らないといけない。
となると少し余裕をみて25分~30分はかかる。

21時45分頃までだ。

9回は4点差でクローザーの中崎投手がマウンドに上がる。
ヒットが2本続いてノーアウト1塁2塁。

1つアウトをとって、キャッチャーの打順。
DHが使えないので控えに回っていた大谷選手が代打にコールされる。

時間が・・・

21時45分を過ぎて50分に迫ろうとしている。

大谷選手を観ずに帰るわけにはいかない。
ここでホームランを打ったりしたら一生後悔することになる。

力と力の勝負は大谷選手のバットが空を切り三振。
これで2アウト。

ここから広島駅まで走っていきました。
道幅は広いし、まだ試合途中なので駅に向かう人もそれほど多くないので
人ごみをかき分けなくても走れる。

コインロッカーで荷物を引き取って、
重い荷物を抱えて在来線のホームに入り、少し離れた新幹線のホームへ。

新幹線のホームに着いたのは21時58分。

22時13分の発車まで15分。余裕でした。
最後まで観れましたね~。大谷選手の次の打者で試合は終わりましたから。

マツダスタジアムから広島駅まで10分ほど。
こんな便利なスタジアムは12球団ほかにないでしょう。

日本シリーズは18時30分始まりでしたが、
公式戦はナイトゲームでも18時始まりのはずなので
最後まで観られる可能性が高いですね。
1試合だけなら泊まらず日帰りもできますね。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


11月26日 大阪マラソン
目標 2時間54分59秒

12月10日 東山三十六峰マウンテンM
目標 完走

3月3日 静岡マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント