ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

【駅伝ファン必読!】箱根駅伝の舞台裏がわかる本

箱根駅伝の舞台裏がよくわかる本の紹介です。

タイトルはずばり、『箱根駅伝』

テレビを見ているだけではわからない箱根駅伝のいろいろな知識が
この本を読めば身につきます!

この本を読んでから箱根駅伝を観ればさらに面白かったかも。
もちろん箱根駅伝が終わったいま読んでも楽しめる1冊です。

箱根駅伝 (幻冬舎新書)


東洋大、駒澤大、早稲田大の監督へのインタビューもあり、
監督の箱根駅伝への熱い思いがよくわかります。

駅伝の監督は待遇の割には苦労が絶えない務めのようですね。

大学間の選手獲得の激しい争いとか、
OBからのプレッシャーとか、
区間配置に頭を悩ませたりとか。

ではこの本の中からいくつかご紹介しましょう。

「往路キャラ」
・スピードがある
・人との競り合いに強い
・集団で走ることで、自分の走りのリズムを作る
・派手
(P33)

「復路キャラ」
・距離が延びてこそ、味わいのある選手
・地道
・自分のペースで走れる
・上級生
(P34)

往路と復路でこんなにキャラが違うとは・・・

往路は集団の中で走る区間が多いので競り合いに強いランナー、
一方復路は単独走になることが多く、一人でもペースを刻めるタイプが
向いているそうです。

今まで意識することはありませんでしたが、
言われてみると確かに復路は上級生が多いような気がしますね。


往路は流れに乗って走れるので、ペースがつかめれば大丈夫。ただ、復路に関しては、選手の性格、それとトレーニングで単独走になってもしっかりと走れる素地を作る必要があります。復路の選手の方が想定することがたくさんあって大変ですよ。追っかける、突き放す、最後の最後、どこでスパートをかけるのか―そうした要素を全部考慮に入れておかなければいけないので、必然的に経験を積んだ上級生が走ることが多くなります。(P91)

駒澤大学の大八木監督もこんなことを言っておられます。
復路重視の駒澤大学ですが、こういうことだったんですね。


山が特殊なのは、他の区間と比べて調整方法が異なることです。重要な練習をどのタイミングで入れるのか、それによって疲労の度合いがどうなるのか、そうした運動生理学的な要素も知った上で練習メニューを組む必要があります。そうした実戦的な経験がないと、とても太刀打ちできる場所じゃありませんよ、あの山は。(P168)

5区が最長区間になって戦い方が変わったそうです。
早稲田大学の渡辺監督の発言ですが、山は他の区間と調整方法が異なるんですね。


他にも、ここ数年の明治大、青山学院大の躍進の理由や、
福島県出身者に有力選手が多い理由もこの本を読めばわかりますよ!

箱根駅伝ファンならぜひ読んでおきたいマストバイの一冊です。
来年の箱根駅伝が待ちきれません!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

コメント

駅伝に関わらず、チーム戦になると、順番で戦況が変わりますね。

私も学生時代駅伝で一区を走ったことありますが、明らかに一区向きではありませんでしたから、その本のとおりにチームの優勝をダメにしたことがありますしね(笑)
速いランナーが単純に揃ってるチームが勝てないから面白い部分がありますね。
[2012/02/08 00:32] URL | O2丸 #- [ 編集 ]
-------------------------------------------------------
O2丸さん

コメントありがとうございます。

速いランナーを揃えていたら適当な順で走らせても勝てそうに思いますが、
そうはいかないんですねー。

生まれ変わったら箱根駅伝は往路を走りたいですが、
今の自分はどちらかというと復路キャラですね・・・

[2012/02/08 23:41] URL | ばんぶー #- [ 編集 ]
-------------------------------------------------------

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


10月1日 東北・みやぎ復興マラソン
目標 2時間59分59秒

11月26日 大阪マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント