ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

東北・みやぎ復興マラソンの自己評価

東北・みやぎ復興マラソンの自己評価です。

まず目標の確認ですが、3段階設定しました。

A:2時間59分59秒
B:3時間04分59秒
C:3時間09分59秒

天候さえ味方してくれればサブ3を狙えるだけの準備はしてきました。
でも前日の天気予報を見て、会場に到着して、スタートに整列して、
サブ3狙いは現実的ではないと考えあきらめました。
気温22度~23度で雲一つない快晴・・・アウトです。

3時間5分切りが現実的な目標かな~というところでした。

3時間10分切りはどんな条件であろうと達成しておかないと
今後のことを考えると立ち直れなくなるので譲れません。
オーバーしたときの罰則は年内禁酒、禁ラーメン、禁チョコ &
年内にもう一度月間500キロ、と厳しめにしました。

よく考えるとマラソンのあとも禁酒、禁ラーメン、禁チョコは継続していたりするww
痛くも痒くもない罰則???そんなことはありません!!
禁止されるのと、禁止されないで結果的に摂らないのとでは全然キツさが違いますからww

禁カレー、禁お茶、禁コーヒーのほうが今ではつらいかも・・・

3時間のペースランナーにはついていきませんでした。
サブ3は狙ってなかったですし・・・

ついていかなかった、ではなく・・・
ついていけなかった、ですね・・・正しくは。

ペースランナーはややオーバーペース気味でしたし、
サブスリー8度の経験からも前半そのペースについていったら
後半30キロ以降つぶれることは容易に想像できました。

サブ3を意識したのは前半じわじわと差を広げられ、
ほとんど視界に捉えられなくなった3時間のペースランナーを
30キロ辺りで射程圏内に入れた辺りから。

追い越す前の34キロ辺りで初めて狙いをサブ3に切り替えました。
そこからは自慢の???
逃げ脚を使って抜かれることなく逃げ切れました!

171001_東北・みやぎ復興マラソン_ラップタイム

撃沈レースなら30キロ以降はガクンと落ちますが、
ほとんど落ちなかったから後半ゴホウ抜きできました!

このラップなら100点をつけてもいいんじゃないか!!!


ではなぜサブ3を最初から狙わずに結果サブ3できたのか?

・目標設定が適切だった
・サブ3歴8度の経験
・アップダウンの少ない高速コース
・真夏の走り込みで暑さに少し強くなった
・3時間のペースランナーに惑わされなかった
・後半の落ち込みが最小限、前半・後半の差は1分以内
・ピーキングがうまくいった

自己分析するとこんな感じですかね~。

うまく走れましたし目標タイムも突破したので満足しきってしまいましたが、
最終目標の2時間55分は切れていませんし、
自己ベストにも1分半ほど及びませんでした。

カンカン照りで暑く自己ベストなんて狙えないような条件でも、
自己ベストをキッチリ出している人もいます。

悪条件でサブ3で走れたことに満足するだけなく、

2時間55分切りに足りないものは何か?

を考えないとダメですね。

勝って兜の緒を締めよ、というじゃないか!!


前半から3時間のペースランナーにもついていけないほどスピードがない・・・

これに尽きるような・・・

大阪マラソンに向けて強化すべきポイントはズバリ・・・

スピード

間違ってないですよね~???

マラソンのタイムに絡む要素はいろいろありますが・・・

スピード、スタミナ、スピード持久力、メンタル、体調管理、体重管理、ピーキングなど?

スピード××
スタミナ△
スピード持久力△
メンタル○
体幹の強さ×
脚筋力×
体調管理△
体重管理△
ピーキング○

やっぱり一番足りないのはスピードだ~~~

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

静岡マラソン入金期限・・・結論は?

先週の土曜日にとりあえずエントリーした静岡マラソン。
とりあえず、というのはクレジット決済ではなく、
コンビニ現金決済を選んで決断を先送りしていたから。

7日にエントリーしたら入金期限は今日まででした。

先着順ですが、フルマラソンの部はまだエントリー受付中ですね。
ということは、もう一度今日エントリーしなおすこともできるのか・・・

でも抽選エントリーしている泉州、鹿児島の抽選結果が出るのが
11月上旬。そこまでは待てないでしょう。

この4日間どうするか迷いに迷いました。

静岡、泉州、鹿児島、それに11月に先着順でエントリーの篠山を加えた
4大会を天秤にかけました。


■コスト
静岡×
鹿児島×
泉州○
篠山◎

前日受付なし、当日アクセス可なのは泉州と篠山、
お金の面を考えたらこのいずれかです。
篠山のエントリー料は5800円と他の大会のほぼ半額。


■ワクワク感
静岡○
鹿児島○
泉州△
篠山×

篠山は3度走って飽きてしまったのと苦手なのでワクワクする気持ちはゼロ。
静岡、鹿児島は一度も走ったことがないので走ってみたい。


■コースの魅力(タイム)
静岡◎
鹿児島○
泉州×
篠山△

静岡も鹿児島もフラットなコースでタイムが狙えそう。
泉州は30キロを過ぎたあとのブリッジ2本の往復がツラい。
篠山は細かいアップダウンが続いて単調で超苦手コース。
静岡、鹿児島は自己ベスト、2時間55分切り狙いできそうだが、
泉州、篠山はサブ3狙いになりそう。


■コースの魅力(走る楽しさ)
静岡○
鹿児島◎
泉州○
篠山×

静岡は観光名所はなさそうですが、晴れれば富士山が見える。
鹿児島は桜島が見えるし、観光スポットもコース上にありそう。
泉州は何もないですけど、大阪のおばちゃんの応援がすごいのが魅力です。
篠山はやっぱり単調でつまらない。


■給水
静岡○
鹿児島○
泉州×
篠山△

泉州、篠山は最初の給水所が10キロ地点。
篠山は調べてみると次回は5キロ地点にも給水所がありそうです。
改善されたのかな~?

泉州も篠山もスペシャルドリンクを置けるポイントがありますが、
そんなのより給水所の数が多いほうがありがたい。
スペシャルドリンクを置いても見つけられないことはよくあることだし。


一長一短がありますね~。
さてどうしたものか・・・

静岡: 先着エントリー済み
鹿児島: 抽選待ち
泉州: 抽選待ち
篠山: 先着エントリー前

鹿児島、泉州どちらも落選するとなると、
静岡と篠山の比較になります。

篠山では残念ながら全くテンションは上がりません。
静岡を見送って、鹿児島、泉州が落選してしまったとして、
篠山のエントリーをしようとしたときに、
静岡の入金をしなかったことを悔やむでしょう。

鹿児島と泉州、これは抽選なのでどうなるかわかりません。
これまで今シーズンは姫路城、東京と落選して0勝2敗。
1シーズン1つも当選しないということはなかったのでどちらかは当たる可能性がある。

どちらでも篠山よりいい。
鹿児島はコストがかかるけど、静岡と比べると大して変わらない。
泉州は自己ベストは狙えないけど、篠山よりは楽しく走れる。

お金で選べば、篠山、泉州。
ワクワク感、記録重視で選べば、静岡、鹿児島。

篠山、泉州なら2時間55分切りを狙って走るのは無理。サブ3目標が現実的。
静岡、鹿児島なら2時間55分切り狙いでいけそう。

静岡と鹿児島に決定的な差はない。
それなら抽選結果待ちの鹿児島より
入金さえしてしまえば確実に参加できる静岡を選ぶのが賢明じゃないか。

お金はかかっても今シーズンは2時間55分切りというタイムにこだわりたい。
静岡ならきっと生涯破られないほどのベストタイムを出すつもりで走ることができる。
年齢的にも今の走力を来シーズン以降も継続するのは難しい。

と考えたら、高速コースで走ることを重視したくなってしまった。

ということで・・・


静岡マラソン参戦決定!



コンビニで今日入金してきました!


はよ結論言わんかい!

と言われそうですね・・・

それだけ迷ったということですww


静岡マラソンに参加される方、よろしくお願いします。

参加したことのある方、攻略ポイントを伝授願います。


静岡にはホテルの問題があった・・・
ホテルにほとんど空室がない状況です。

清水、焼津なら駅前のホテルは予約できた。
静岡も2人部屋なら取れたから1人で泊まるか誰かを巻き込むかすれば泊まれる。

東北・みやぎ復興マラソンだって、
初めて訪れる慣れない旅先で、仙台から電車に乗ってシャトルバスに乗り継いだ。
それを思えば静岡だって電車に乗っても問題ない。
でも当日の移動は少なめにしたいので静岡に泊まりたいが・・・

8時20分スタートも問題だな~。
スタートの3時間前には朝食は終わらせておかないといけない。

ということは5時に食べ始めないといけない。
ホテルの朝食時間はそんなに早いはずはない。
清水も焼津も駅前に吉野家、すき家などなさそう。

コンビニ食か・・・

いつものルーチンの納豆定食を食べるのは難しそう。
決戦の日にいつもと違うことをしたくないのだが・・・


もう一度選定、見送り理由をまとめましょう。

○静岡
・入金さえすればエントリーが確定する
・好記録が期待できる高速コース

×鹿児島
・静岡の入金期限までに抽選結果が出ない

×泉州
・静岡の入金期限までに抽選結果が出ない
・第1給水が10キロ地点、トータルの給水ポイント数も少ないのは致命的
・静岡、鹿児島と違って2時間55分切りは狙えない

×篠山
・3度走って飽きてしまった
・細かいアップダウンが続き、単調で苦手なコース
・篠山のコースを走りたいという気分にまったくなれない


近くの大会を選ばず、
宿泊費・交通費のかかる大会を選んでもったいないかもしれません。
でも身銭を切れば強い覚悟で挑めます。

緊縮財政なので節約しないとあかんけど・・・

あのとき静岡を選んでよかったんだ、
と言えるような努力をこれからしていかないといけませんね。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

東北・みやぎ復興マラソンの評価

東北・みやぎ復興マラソンの評価です。
主観的な評価なので他の人の評価とは異なるかもしれません。

○前日受付がなく、ゼッケンは事前に送られてくる
○高低差の少ない高速コース
○給水ポイントがたくさんあり、スポンジが置いてあるエイドもある
○アミノバイタルゼリーが置いてあるエイドが1か所ある
○不便な場所なので応援の人は少ないが熱心に応援してくれる
○走りに来てくれてありがとうという沿道の声が心に刺さった
○悪かったところは改善して次に活かそうというところに好感が持てる
○混雑緩和のため、シャトルバスが出る駅を4つに分けて分散させている
○エントリーは先着順だが、締切日でも定員オーバーにならなかった
○フィニッシュ後にいただける赤飯がうれしい、そして美味しい
○完走証は即発行してくれる
○参加賞は完走後でも受け取りができる

△被災地の復興の様子を見てほしいという狙いなので観光名所はない
△津波で家が流されたところがコースになっていて、
 田んぼばかりで何もないのが悲しくなる

×仙台駅から会場までが遠い(電車&シャトルバス&歩き)
×シャトルバスを降りてから会場までかなり歩かされる
×時間帯によっては帰りのシャトルバスがかなり待たされるらしい
×会場内の案内が不足している
×トイレが不足している
×参加案内が届くのが遅くてやきもきした
×10月1日開催でかなり暑い、開催時期は見直してほしい
×スタート直後の走路が狭く走りにくい
×建物がほとんどなく、日差しを遮るものがないため晴れると紫外線を浴びっぱなし
×仙台放送の社員がエントリー者の名簿の入ったノートパソコンを紛失した
×ウェーブスタートのため、完走証に順位が入っていない


○の数も多いですが、×の数も多い。

まだ今年が第1回ですし、
来年に向けて悪いところは改善しようと考えてくれているので、
来年は×の数が減っているかもしれません。

開催時期と個人情報の入ったパソコンの紛失だけはどうにかしてもらいたいものですが。

関西から東北は遠く、お金もかなりかかるので
そう簡単にまた走るというわけにはいかないですが、
何年後かにまたマラソンコースの様子がどう変化しているのか、
復興の進み具合を確かめに走りに行きたいですね。

阪神大震災の被災者として、
被災地で復興ランナーとして参加できてよかったです。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

東北・みやぎ復興マラソンレポート(その5:フィニッシュ後)

東北・みやぎ復興マラソンのレポートまだ続きますww

今日はフィニッシュ後です。

ガッツポーズで気持ちよくフィニッシュさせてもらいました!
気温20度超え、雲一つない快晴、後半は向かい風、
ということを考えると上出来だったのでサイコーの気分でした♪

たくさんの人のサポート、応援に背中を押してもらったので、
難敵に負けずに粘れました。

フィニッシュゲートを超えてから更衣室まで、
フィニッシャータオル、完走メダルをいただく、
もう走らなくてもいい、花道のようでキモチイイです♪

完走おめでとう、お疲れさま~

ありがとう、ありがとう、みんなありがとう!

完走メダルと言わず、この大会ではフィニッシャーストーンと呼んでいますが、
そのフィニッシャーストーンをかけてくれたのは小さな小さな幼稚園の子どもたち。

きちんと1列に並んでランナーを待って迎えてくれる。
42.195キロを走って、幼稚園児の背の高さに合わせてしゃがむのはツラいのだが・・・

フィニッシャーストーンの石は津波の被害を受けた石巻市雄勝町の名産、
雄勝石(おがついし)を使用したものだそうです。
リボンは同じく震災に遭った熊本県の会社が製作されたもののようです。

ペットボトルのお水をくれたのは「兵庫県」と書かれた服を着た若い女の子たち。
東北の知らない地に来て、同じ県内の人に会うとなんだかホッとします。
もちろん同じ県民どうしなので声をかけさせてもらいました。

わざわざ兵庫からサポートのために来てくれてありがとう!
まだ終わるまで長いけどがんばって!よろしくね!

お米やチョコレート、アイスまんじゅうなどをいただく。

暑いのでアイスまんじゅうは早く食べないと解けてしまう。
フィニッシュしてすぐに食べるのは苦しいのだが・・・
着替えが終わったところでいただけたらもっとうれしかったですね~。

フィニッシュエリアから荷物預かり所までがかなり遠い。
復興マルシェ目的の人なのか、応援の人なのか、ファンランに参加した人なのか、
その道の途中にたくさんの人がいる。

赤飯もいただきました!

東北はお米が美味しいですよね~。
ひとめぼれですか~。

赤飯はもち米だろ!!

完走を祝ってくれるようでうれしいじゃないですか!
フィニッシュ後の赤飯、広めてくれないかな~。

参加賞のTシャツの受け取りはスタート前は長蛇の列でした。
フィニッシュ後でもいいので、フィニッシュ後に受け取りました。
参加賞のTシャツを着て走りたいのでなければフィニッシュ後のほうが混んでいなくて、
スタッフの人も助かりそうなのでよかったです。

荷物預かり所へ。

スタート前にゼッケン番号の下1桁の番号で指定された場所に荷物を置きに行って、
フィニッシュ後は荷物を置いたところに自分で探して取りに行きます。

置いた場所はハッキリ覚えている。
ゼッケン番号のタグもちゃんと見えやすいようにくくりつけた。
なのにカバンが埋もれて見えない。

探すのがちょっと大変だ。
他の大会はゼッケンを見せて立っていれば
ボランティアの人が荷物を探して持ってきてくれる。
でもスタッフの数が限られているとそこまでやってられませんよね。

荷物を持って出て着替える。

着替えの時間がいつもチョー長いです・・・
Tシャツを脱ぐ、シューズを脱ぐ、スローモーションですww

あとにも予定があるのであまりのんびりとしていられなかったのですが・・・

東北の食べ物がいただけるということで復興マルシェにも立ち寄ってみる。
でも人が多くて・・・ピンとくるものもあまりなくて・・・

グルッと一回りして何も買って食べずに帰りました。

シャトルバスの乗り場はどっち?
順路の案内が不足していますね~。

スタッフの人に聞きましたけど、
お帰りはこちら、という案内の立て看板を設置してほしかったですね。

行きと同じように帰りもシャトルバス乗り場まで延々と歩かされます。
このあたりも復興の道なかばということなのである程度は致し方ないのでしょうか。

42.195キロを走った脚にはキツいですよね~。
何年か経つと道が整備されてあまり歩かずにすむといいですよね。

シャトルバスは2台止まっていたでしょうか。
1台にほぼ満席状態。補助シートに座りました。

満席になったら動き出すのかと思ったらしばらく待たされる。

仙台駅に行きたいので、仙台駅に最も近い目的地は名取駅。
名取駅行きのバスに乗る。

名取駅まで直通かと思ったら、美田園という駅に停車する。
補助シートに座っていたから降りたけど、
名取駅までの人はまだ降りないで、と一言いってほしかったですね。

バスから降りない人がいたからスタッフの人にどうして?
と聞いたからバスに戻って名取駅まで行けましたけど。

名取駅からJRに乗って仙台駅へ。
予想以上に時間がかかる。

スーパー銭湯らしきものの案内はまったくなく、
汗を流すには連泊するホテルに戻るしかない。

仙台駅のホテルに戻れたのは3時前だったか。
慌ててシャワーを浴びてスピッツのコンサート会場
セキスイハイムスーパーアリーナへ向かいました。

セキスイハイムスーパーアリーナへは利府駅からバス。

仙台駅から利府駅までの電車の本数が少ない。
利府駅からのバスも渋滞で30分ほど時間がかかりました。

開園の1時間前にコンサート会場に到着できてよかったです。
もう少しのんびり走っていたり、復興マルシェでたくさん食べていたりすると、
遅刻していたかもしれませんね。

東北は初めて。土地勘がないので時間の見積もりがちょっと甘かったかな~。

いつものように長い長いブログww
最後まで読んでいただきありがとうございました!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

静岡マラソンエントリー!だけど・・・

東北・みやぎ復興マラソンのネタはまだまだありますww

でも毎日のように読んでくださっている方には、
そろそろ飽きられてきそうなので、
今日は少し違う話題で。

静岡マラソンのエントリーが昨日からでした。
ベタ足さんがおっしゃってくれたように
エントリー開始すぐに申し込まなくても全然大丈夫でしたね。

テニスから帰ってからまだ締め切っていなければ申し込もうという計画でしたが、
昨日午前のテニスは雨で中止。

なので、これは静岡に行きなさい、という神のお告げかな~
と考えてエントリー開始の10時にエントリー合戦に参戦。

しばらくアクセスがいっぱいです。というメッセージが出て、
30秒ごとに自動更新して3分ほどでつながり5分でエントリー完了しました。

喉から手が出るほど参加したい大会なら焦りますが、
姫路城、東京と落選続きで2月の予定が決まらないのが不安になり、
先着順の静岡まで参戦を検討したのでダメならダメでいいや、
という気楽な気分でのクリック合戦でした。

エントリーの決済方法は通常はクレジットを選ぶのですが、
即決できずコンビニ決済にして時間を稼ぐことにしました。

まずは静岡マラソンの良いと思われるところ、良くないと思われるところを整理します。

○好記録が狙えそうな高速コース
○静岡の中心(静岡駅)からスタート地点が近い
○前日受付がない、ゼッケンは事前に送られてくる
○コースから富士山が見える
○エイドにイチゴがあるらしい
○参加賞はTシャツではなくソックス(Tシャツばかり溜まりすぎて困ってます)

△スタート時間が8時20分と早い(当日アクセスには×、早いのは気温が上がらず○)

×ホテルが取れない
×当日の朝食に困りそう
×静岡駅はのぞみが止まらない、ひかりかこだまでしかアクセスできない
×駅近くに観光スポットがあまりなさそう

一度は走ってみてもいいかな~という印象ですね。


中部地方、関東地方の方なら当日アクセスもできるそうですが、
関西からは無理。

ここからはお悩み相談ぽくなりますが、
関西からわざわざ静岡まで行く価値があるのかどうか。

静岡マラソンと同じ3月3日には篠山マラソンがあります。
関西人ならお金をかけて静岡に行かず、篠山に決めるべきでしょうか。

篠山は3度走って苦手意識が強く、飽きてしまった大会でもあります。
一度もサブ3で走ったことがないので、サブ3を達成して苦手意識を払拭するのも
ありかもしれません。

でも、あと何度フルマラソンを走れるでしょうか。

そう考えるとテンションの上がらない大会より、
多少お金がかかったとしても、ワクワクしながら走れる大会を選択したほうが、
有効なフルマラソン1回の時間とお金の使い方とも言えます。

篠山を悪く言うつもりはありません。
自分が飽きてテンションが上がらないだけです。スミマセン。

もう1つ、泉州マラソンがあります。

こちらは抽選エントリー済みで結果待ちの状況です。
落選が続くとまた落選しそうであてにはできません。

姫路城、東京の落選で鹿児島にもエントリーしましたが、
こちらも抽選で結果待ち。


静岡のエントリーを確定させて2月、3月にマラソン難民状態にならないようにしたい、
という気持ちもあります。

最も大きな問題はホテルが取れないこと。

静岡駅徒歩圏内のホテルはずいぶん前からどこも満室状態。
焼津や清水ならそれほど離れていなくて宿が取れたので仮押さえはしました。
でもスタートが8時20分で土地勘がないということを考えると、
前泊なら電車での移動は避けたいところです。

静岡駅徒歩圏内のホテルが空かないか、
ちょいちょいチェックしていますが、ダメですね~。
逆に焼津や清水のホテルも空きがどんどん減っていっている状況です。

残るのは喫煙室や駅から遠く離れて車がないとアクセスしづらいところや、
べらぼうに高いところですね~。

静岡の入金期限は11日だったか。

静岡マラソンは見送って、泉州、鹿児島の抽選にかける。
どちらも落選なら先着順で11月エントリー開始の篠山でガマンする。

そういう方向に気持ちは傾きつつあります。

静岡と鹿児島ならどちらがいいか?

旅先として今行ってみたいのは鹿児島。
でもマラソンじゃなくてもいい。
観光と開聞岳登山目的で行ったほうが充実した旅になるかも。

鹿児島のほうが気温が高そう、という問題もある。

静岡の魅力は高速コース。
鹿児島よりは旅費が安くすみそうなところ。

東京が当選していたらこんなことに悩まなくてもよかったのにな~。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


11月26日 大阪マラソン
目標 2時間54分59秒

12月10日 東山三十六峰マウンテンM
目標 完走

3月3日 静岡マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント