ばんぶーが走る!
2014年11月神戸で3年10か月ぶり2度目のサブ3を達成!2016年12月時点で7度のサブ3。2時間55分切りを目指して走るが伸び悩み中。2014年春からはテニスを始めました!

姫路城マラソンレポート(その4:中間地点~30キロ)

姫路城マラソンのレポートの続き、中間地点からです。

中間地点通過は1時間27分27秒。
単純に2倍すると、サブ3達成後に目標にしてきた2時間55分をギリギリ切れるが、
狙っていけるような準備ができていたわけではなく、そんな欲は出さない。

1時間32分あれば、もしかしたらサブ3いけるかも・・・
という期待をちょっぴり持って走る。

中間地点からも緩やかな下りは続くが、
1キロごとのタイムをガーミンでチェックするとそれほど変わらないのに、
後ろからどんどん抜かれてしまう。

下りだから自然にペースアップしないといけないのに、
折り返しまでの登りより若干ペースダウンしているから抜かれるのは仕方ないのか。


■25キロ
1時間43分58秒(5キロ:20分54秒) 203位。

20キロ地点から7人抜かれましたが、
1キロ4分10秒程度で行っているのでOKだ!

26キロ付近で前の集団から離されていくのがわかる。
ここで補給2回目。メイタンサイクルチャージ黒を注入。

25キロで摂る予定にしていたが給水ポイントがなく、
次の給水ポイント27.5キロまで待つと遅い気がして無理やり飲み込む。

メイタンは即効性があるのになかなか効かない。
もうこれまでか~。

25キロで落ちていたら1年前の別大とまったく同じじゃないかー。
30キロで息切れして、フィニッシュまで死ぬ思いをするのだろうか・・・

ところが・・・

橋を渡って夢前川の反対側に出ると突然スイッチが入る。
沿道に応援の人が増えてきたから。

サブ3を狙えるランナーたちなのでそう簡単には追いつき追い越せない。
それでも橋を渡る手前は前と離され続けていたのに、離されなくなってきた。

元気いっぱいの声援に押されて走るのがキモチイイ♪
これがあるからマラソンレースはやめられないし、
少しでも速く走れた方が気持ちよさはアップするので、
普段練習しているようなものです。

なんて幸せなんだ~♪
姫路の温かい人たち、どうもありがとう!!!

2月に参加するレースを選んだときに、
姫路城マラソンの希望順は何番だったかというと・・・

1.東京マラソン
2.泉州マラソン
3.北九州マラソン
4.別府大分毎日マラソン
5.姫路城マラソン

なんとなんと5つ候補を出したうちの最下位でした~。

別大は2年連続はもったいないと思い参加を見送りました。
東京は姫路城と同時に抽選結果が発表され落選。
泉州と北九州は姫路城の入金期限より抽選結果発表が後だったので悩みましたが、
どちらも外れて、消去法的に篠山に行くのはいやだったので
安全策をとって姫路城マラソンに出ることを決断したのでした。

北九州は落選しましたが、泉州は当選したのでちょっぴり残念でしたが・・・

姫路を走ってみて申し訳ない気持ちになりましたね~。

もう姫路LOVEです

橋を曲がるコーナーで膨れて歩道寄りを走ったので、
たくさんの子どもたちとハイタッチさせていただきました!
給水を取るときに少し手袋が濡れて申し訳なかったけど。

メイタンブラックも1キロほど走ると効いてきた。
応援、ハイタッチで力が湧いてきた。

サイクリングロードに入り道幅が狭くなる。
3メートルほどしかないでしょうか。

2人は問題なくても3人は並んで走れないような幅です。

30キロ近くなればバラけているので走りにくいことはありません。
道幅が狭いのでスピードがアップしたように錯覚します。

花道のようで気持ち良すぎる~~~♪


■30キロ
2時間04分47秒(5キロ:20分49秒) 195位

キロ4分10秒ペースをキープ!
サブ3ペースは2時間07分30秒なので貯金がある!

3週前まで4週連続で30キロをやりましたが、
そのときの最速タイムは2時間12分10秒だったので、
こんなに速く走れているのが信じられない。

不調の原因は貧血で、
鉄剤を2週間飲み、レバーを食べてベストコンディションになったのでしょうか。

順位も少し上げて再び200位以内に入ってきた。

30キロから大崩れするような感じでもない。
気分よく楽しみながら走れている。

このままフィニッシュまで行ければいいが・・・


30キロ以降は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その3:10キロ~中間地点)

姫路城マラソンのレポート続きです。

10キロを41分12秒で通過。サブ3ペースは42分30秒なので予想以上に速い。
10キロまではアップのつもりで走っているので無理はしていない。

特に意識してペースを上げ下げせずこの流れで行こう。

少し離れた夢前川の対岸からも大きな声援を受ける。
こんなに熱心に応援してくれるなんて・・・うれしすぎて涙が出そう。

登りは続きますが、それほど急なところはない。
ところどころ少し登っているなと感じる程度。


■15キロ
1時間02分05秒(5キロ:20分53秒) 192位

5キロごとのタイムは20分32秒、20分33秒ときたので、少しペースダウン。
4分15秒、4分06秒、4分06秒、4分10秒、4分16秒と
登りもなんとかサブ3ペースはキープしています。

折り返しの手前16キロあたりでフラットになり、少し抜かれ始める。

のどかで人口密度の低そうな田舎に入ってきたのに、
折り返しのポイントにもたくさんの人が応援に出てくれていました。

ここでズルズルいかないように気合を入れなおす。

折り返してすぐ、メダリストグレープフルーツ味を注入。

今回試験的に初めてメダリストを摂ってみました。
パワージェルやピットインリキッド、マグオンなど濃厚なジェルを飲むと咳き込み、
走りのリズムも崩れるのでゼリー状のメダリストを試しました。

ウィダーインゼリーのような感じで飲みやすい。
あまり効いている感覚はないが、ストレスなく飲めるのはありがたい。

少し進むと先頭から順位を数えている人がいました。
195番と言われたような・・・

参加者7000人、男子が6000人として、上から3%あたりか・・・

塩田温泉を過ぎ、下りが始まる。
まだまだ余裕、ペースを上げて行けそう!

と思ったものの、ペースは上がらず20キロ手前辺りで
一気に10人ほどの集団に抜かれてしまう。

????????????

そんなにペースが落ちた感覚はないのにどうして???

下りで抜かれるのはいつものことなので気にしない、気にしない。

調子が良ければ、
「どうぞ抜きなさい。最後に丸呑みしてやるから待ってろ!」という気分で走れますが、
抜いていったランナーとは永遠の別れのような気がする・・・
さ・よ・う・な・ら~


■20キロ
1時間23分04秒(5キロ:20分59秒) 196位

あらま~。下りなのにペースが落ちている。
順位も15キロから4つ落としています。

ガーミンの計測は4分15秒、4分06秒、4分06秒、4分11秒、4分16秒。
足すと20分54秒、完走証のタイム20分59秒と5秒の差がある。
折り返しがあったので無駄に距離を走ってしまったのか。

少し向かい風だったような気がします。
サブ3ペースはキープしているから、これでいいのだ!


■中間地点
1時間27分27秒

中間地点のタイムは神戸マラソンの1時間27分20秒とほぼ同じ。
加古川マラソンの1時間26分19秒より1分オーバー。


調子が悪く、直前の練習内容からするとサブ3なんて到底狙えないところですが、
中間地点まではこれまでと同じペースで持ちこたえることができました。
はっきり言ってうれしい誤算です~♪

後半を1時間32分でいければサブスリーか~。

可能性はゼロじゃないが、練習でこんなスピードは出せていないので
ややオーバーペースかもしれない。

欲を出さず、余計なことを考えず気楽に行こう!


後半は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その2:スタート~10キロ)

サンテレビでテレビ中継があったので録画していたのですが、
残念ながらフィニッシュシーンは映っていませんでした~。
女子の2位が2時間53分でフィニッシュして、
その後すぐ女子の優勝インタビューが始まり、終わるとCMに・・・

その後サブ3ランナーは映らずでした・・・

いい顔してバッチリガッツポーズを決めていたので、
映像を観たかったんだけどな~ww
腰が落ちてたら映って、腰高で走っていたら映らない、人生そういうものですww

さて、気を取り直してスタートからのレポートです。

9時にスタートしてロスタイムは7秒。
参加者は7000人なので2万人規模の神戸マラソンなどと比べると
ストレスなく走り出せます。

姫路城をバックに道幅の広い大手前通りを姫路駅の方向に向かって走っていく。
駅の手前の白銀交差点を右折。

1キロの距離表示より少し手前まで走ったところで
レースで初めて使用するガーミンがバイブと音でタイムを知らせてくれる。

1キロ:4分02秒

苦しくないのにこんなスピードで飛ばせるなんてどういうことなんだ???

4日前の練習で6キロペース走でゼーゼー言ってキロ4分23秒だいうのに。
みんなと一緒に走っていれば楽に走れるということなのか、
風はないと感じていたが実は追い風だったのか、
それともレースの緊張感、興奮のせいなのか。

無理はしていないので気持ち抑えめにしてこの流れに乗っていこう。

沿道は噂どおり応援の人がいっぱい。
10キロやハーフのレースはほとんど走らず、
フルマラソンばかり年に何度も走っている人の気持ちがよくわかります。

やっぱりフルマラソンは街をあげたお祭りのようで、
応援の人も多く気持ちがいいですからね~。

たくさんの人に応援してもらいながら走れるなんてもうそれだけで幸せ♪

今回は体調管理の失敗、練習の質の低下により、
タイムは期待できないので、とことん楽しもう!!


■5キロ
20分39秒

スタートロスの7秒を引くと20分32秒。

2時間55分切りペースで突っ込んでしまいました~。
これでも最初の5キロはウォーミングアップのつもりで走っています。

5キロから15キロ過ぎまでは10キロかけて80mの登りになりますが、
緩やかなのでほとんど登っているようには感じない。

夢前川沿いの道に出る。
左側に緑のウェアを着たボランティアの方が等間隔で立っている。
人が飛び出してくるわけでもなく、声援を送ってくれるわけでもなく、
この人たちの役割が何なのか妙に気になってしまいました。

ランナーが川に落ちないように、
障害になってガードレールぎりぎりを走らないようにしていたのでしょうか。

書写山らしき山が見える。

たんたんと走り続けて10キロ通過。


■10キロ
41分12秒(5キロ:20分33秒)

登りなのに登りとは感じない程度の傾斜なのでペースは落ちない。

5キロ地点の順位が193位。
10キロ地点が192位。

順位の上げ下げがほとんどなかったので、
無駄なくいいペースで走れていたのでしょう。

練習よりかなりペースが速いのでどこかで落ちることは覚悟しました。
でも無理にペースを上げている感覚ではないので、
ペースは意識的に上げ下げせず、このまま進むことにしました。


10キロから先は明日以降につづく。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

姫路城マラソンレポート(その1:スタート前まで)

姫路城マラソンのレポートです。

今日はスタート前まで。

当日の朝は4時20分起き。
寝坊助ですが、マラソン当日の朝は目覚まし時計で一発で起きます。
二度寝もすることはありません。

二重にセットして、1つはベッドから出ないと止めれないところに置いているからです。

電車の時間は5時50分。

起きてから家を出るまでは1時間ちょい。
お化粧するわけではありませんが、
スロースターターなのでこれくらい時間が必要ですww

朝食はいつものルーチン。
ごはん、納豆、豚汁、生卵。
それにプラスマラソンの日の朝はお餅を2切れ。

家を出たのは5時半。まだ外は暗い。
のんびり駅まで歩いているとギリギリになりそうだったので軽くジョグ。

発車3分前に駅のホームに着き、電車には座れました。
1時間以上も電車に揺られるので座れるかどうかは重要です。
たまたま座れたわけではなく、来年出たとしても同じ電車に乗れば余裕です。

初フルの福知山マラソンなんて2時間立ちっぱなしでしたからww

姫路駅到着は7時10分。
商店街の中を通って姫路城へ急ぎめに歩いて10分ほど。

会場に着いてまずすることはトイレに行くこと。
早めについて1度トイレに行っておけば安心です。

トイレから出ると、
スタート地点のボランティアの方が集まって
リーダーの人から指示を受けているところを目撃しました。

昨年大阪マラソンでボランティアを初めてやらせてもらったこともあり、
ボランティアの人にもこれまで以上に意識がいくようになりました。

走らない人にとっては寒いのに
朝早くから集まってランナーをサポートしてくださっているんです。
フルマラソン7000人のランナーに対してボランティアは4000人ですか。
可能なら1人1人に頭を下げて感謝したいところです。

男子の更衣室は地下の駐車場。
世界遺産姫路城のすぐそばの駐車場というだけあってかなり広いスペースで、
ちゃんとブルーシートを敷いてくれています。

当日着るウェアにあらかじめゼッケンをつけていき、
脱いだらいいだけなのでほとんど着替えに時間は取られませんが、
整列前に時間があるので、寒さをしのげるところでリラックスして過ごせました。

ランパン、ランシャツ、アームカバー、帽子、手袋。
お約束のゲイターは今回はつけません。
なしでどう変わるのかテストしたかったので。

補給食はメダリストグレープフルーツ味、アップル味、
メイタンブラック、メイタンゴールド。

15キロでメダリスト、25キロでメイタンブラック、
35キロでメイタンゴールドを摂る計画。メダリストもう1つは予備です。
アームカバー着用で差し込めたので予備も持ちました。結局予備は使わなかったけど。

シューズはTakumi SenとターサーJAPANで迷ってターサーJAPANをチョイス。
今シーズン過去2回のフルマラソンはいずれもターサーJAPANを履いて
サブ3で走れたこと、不調続きのハーフマラソンはTakumi Senだったことで
安全策をとる。

走って楽しいのはTakumi Sen、安心感があるのはターサーJAPANです。
Takumi Senでも昨シーズン2度サブ3で走れているのですが・・・

背中にカイロを貼って、ビニール袋をかぶって荷物を預けてもう一度トイレに。
トイレ待ち行列はそれほど長くはありませんでした。

荷物預かり所からスタートブロックまではすぐ。

整列開始が8時15分からで8時25分頃から並び始めました。
A、B、Cの3つのブロックしかないので、Aブロックとはいえ並ぶのが遅くなると
かなり後ろからのスタートになると思いいつもより少し早めに並びました。

前から8列目くらいで待機。しばらく座ってスタートを待ちました。

8時40分頃からスタート前のセレモニーが始まり、
それほど待ち時間は長く感じませんでした。
寒くはなかったのでトイレに行きたくなることもなく。

スタート1分前。

ビニール袋を脱いで、背中に貼ったカイロを外して、
太腿、お尻、顔を叩いて気合を入れる。スタート前のルーチンになりました。

2週前に購入して、レースでは初めて使用するガーミンもスタンバイOK!

スタート直前はいつもドキドキして心拍数が上がるのですが、
今回は不調であまり良い記録は望めなかったのでそれほど緊張感もなく平常心でした。

どれくらいのペースで走れるのか・・・

4日前の6キロペース走ではゼーゼーハーハー言ってキロ4分23秒ペースでしたから、
ギリギリ3時間1桁台くらいが現実的なラインだろうということで期待もしていない。


スタート!!!

姫路城をバックに広い大手前通りを姫路駅の方に向かって走り出します。


明日以降に続く。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

【速報】姫路城マラソン

姫路城マラソン完走しました。

練習でペースが上がらず、サブ3は厳しいと思いましたが、
姫路の人たちの温かい声援のおかげでサブ3で走れました。

もう楽しくて楽しくてたまりませんでした。

ネット:2時間55分53秒
グロス:2時間55分59秒

ネットで1秒(笑)、グロスで31秒自己ベスト更新です。

走りやすいコースでした!

大会関係者のみなさま、ボランティアのみなさま、沿道で声援いただいたみなさま、
そして一緒に走ったランナーのみなさま、
どうもありがとうございました!

まさかの自己ベストはみなさんのおかげです!

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

検索フォーム

プロフィール

ばんぶー

Author:ばんぶー
サブ3のその先へ!2時間55分切りを目指す!

住まい:兵庫県(阪神間)
身長:175cm
体重:55kg
血液型:B型

強み:体が軽い、粘り強い、本番に強い
弱み:体が硬い、筋力不足、スタート直後のオーバーペース

好きな言葉:「やるしかない」「やればできる」

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2017年の目標

■5000m
17分59秒

■ハーフマラソン
1時間19分59秒

■フルマラソン
2時間54分59秒

■大阪マラソン
2時間59分59秒

■マラソン大会で入賞

■日本100名山の1つに登る

■六甲全山縦走に再チャレンジ

■テニス
自信を持ってサーブを打てるようになる


出走予定


10月1日 東北・みやぎ復興マラソン
目標 2時間59分59秒

11月26日 大阪マラソン
目標 2時間54分59秒


カテゴリ

最新記事

カウンター

お気に入り

最新コメント